NEWS

トランプ大統領は一言だけ。北朝鮮ミサイル発射への声明、安倍首相と温度差

2017年02月12日 01時22分 JST | 更新 2017年02月12日 01時22分 JST
Carlos Barria / Reuters
U.S. President Donald Trump delivers remarks on North Korea accompanied by Japanese Prime Minister Shinzo Abe at Mar-a-Lago club in Palm Beach, Florida U.S., February 11, 2017. REUTERS/Carlos Barria

北朝鮮が弾道ミサイルを発射したことに関して、訪米中の安倍首相はトランプ大統領とともに、日本時間2月12日午前0時30分ごろ、共同で声明を発表した。

安倍首相が北朝鮮を名指しした上で「国連決議を完全に順守すべき」と厳しい表現を交えつつ、長めの言葉で追及したのに対し、トランプ大統領は「偉大な同盟国である日本と100%ともにある」と、一言述べるに留まった。共同で記者発表したものの、日米の温度差が際立つ内容となった。


■安倍首相「国連決議を完全に順守すべき」

「北朝鮮のミサイル発射は断じて容認できません。北朝鮮は、国連決議を完全に順守すべきです。先ほど、トランプ大統領との首脳会談で、米国は常に100%、日本とともにあるということを明言されました。そして、その意思を示すために今、(トランプ大統領は)私の隣に立っておられます。私とトランプ大統領は、日米同盟をさらに緊密化し、そして強化していくことで完全に一致しました。私からは以上です」


■トランプ大統領「日本と100%ともにある」

「ありがとうございます、首相。皆さまに申し上げたいのは、アメリカは偉大な同盟国である日本と100%、ともにあるということです。ありがとうございました」


■関連スライドショー(北朝鮮の軍事パレード)

北朝鮮の軍事パレード


(※開かない場合は、こちらへ)


北朝鮮が弾道ミサイル発射 日米共同声明に反発か