「この世界の片隅に」興収20億円突破、14週連続トップ10入り アメリカやフランスでも上映予定

投稿日: 更新:
TO ALL THE CORNERS OF THE WORLD
Kenji Ando / The Huffington Post
印刷

oriconnews

『この世界の片隅に』コツコツと興収20億円突破 14週連続トップ10入り

昨年11月にわずか63館で公開がスタートしたアニメーション映画『この世界の片隅に』が、約3ヶ月の興行で動員150万人、興行収入20億円を突破した。興行通信社による全国映画動員ランキングでは8位をキープし、初週から14週連続トップ10入りを達成。各映画賞でも受賞が相次ぎ、現在17個の賞を受賞している(2月13日現在)。

片渕須直監督が6年の歳月をかけて作り上げ、資金調達に「クラウドファンディング」を活用したことでも話題の同作。原作は、こうの史代氏の同名漫画(双葉社)で、戦時下の広島・呉を舞台に、大切なものを失いながらも前を向いて生きる女性、すずの物語。

公開14週目の2月11日・12日の2日間の興行成績は約6200万円、動員は約4万人。公開館数は289館(初週より+226館)で累計では300館を超えた。

『第71回毎日映画コンクール』では日本映画優秀賞、大藤信郎賞、音楽賞の3冠を達成し、15日に実施される授賞式には、片渕須直監督、のん、コトリンゴが登壇予定。さらに音楽賞を受賞したコトリンゴが、表彰式で映画のオープニングテーマである「悲しくてやりきれない」を生演奏で披露する予定となっている。

海外配給も、現在23の国と地域で決定。タイで2月23日~、メキシコで3月3日~(プレミア上映2月22日~)、アルゼンチン、チリなど南米諸国で3月17日~、香港で3月30日~、英国では6月、ドイツでは7月(現在、AKIBA FILM FESTIVALにて10都市で上映中)、米国とフランスでは9月に公開を予定している。

片渕監督とのんは、メキシコでのプレミア上映に赴き、現地の観客との意見交換を行う予定。メキシコではスペイン語の字幕版と吹き替え版の2パターンで上映が決定しており、のんが演じたすずの声が海外にも届けられる。


【関連記事】