NEWS

全米一高いダムの排水路が崩壊危機 19万人に避難勧告【UPDATE】

2017年02月14日 02時44分 JST | 更新 2017年02月14日 02時44分 JST
Max Whittaker / Reuters
California Department of Water Resources personnel monitor water flowing through a damaged spillway on the Oroville Dam in Oroville, California, U.S., on February 10, 2017.

高さ230メートルを誇るアメリカで最も高いダム「オロビル・ダム」の緊急排水路に穴が見つかった。このままでは排水路が崩壊して大量放水される危険があることから、2月12日夜(現地時間)には周辺住民の少なくとも13万人に避難勧告が出された。AP通信などが報じた。

【UPDATE】CNBCによると、オロビル・ダムの大量放水の危険を考慮した緊急避難の対象者は18万8000人に上った。(2017 02/14 12:57 )

カリフォルニア州ビュート郡の保安官事務所のFacebookは「これは訓練ではない」として、周辺住民にすぐに避難するように呼びかけた。

ロサンゼルス・タイムズが当局者の話として伝えたところによると、土砂や岩を使って穴を塞ぐことを試みているが、状況は危険であり、川下の何千人もの住民がより高い地盤に避難するよう求めている。

同紙によると、1週間ほど前にオロビル・ダムの排水路で大きな穴が発見され、最終的に水路の全幅にわたって広がった。そこで2月11日、1968年のダム完成から初めて、緊急排水路が使用された。しかし、雨と雪の水は、急速なペースでオロビル湖に流入し、水位が緊急に上昇。当局者は「緊急排水路に大きな穴を開いてるが、ダム自体は構造的に問題ない」と強調したという。


■関連スライドショー(オロビル・ダム)

オロビル・ダムの放水路が崩壊危機


(※開かない場合は、こちらへ)