ロシア大使館、Twitterで奇妙なメッセージ。マイケル・フリン氏を擁護?(画像)

投稿日: 更新:
印刷

アメリカ国家安全保障担当のマイケル・フリン大統領補佐官が2月13日夜、就任前に駐米ロシア大使と経済制裁解除をめぐり事前接触していたとして辞任した。

アメリカのロシア大使館は同日、Twitterでフリン氏を擁護するかのような謎のメッセージをTwitterで送った。

大使館のツイートは「そんなことはなかった」と主張し、奇妙な画像を添付している。これは対ロシア経済制裁で食料品の輸入も制限されていることから、経済制裁を比喩したものかもしれないが、意味はよくわからない。

ペスコフ報道官「制裁の解除について、ロシアとアメリカの間には交渉はなかった」

このツイートにさまざまな反応が……。

なんで食べ物の写真を添付してるんだ? どれくらい関係あるんだ(笑)

そうそう。それと、どの席にもペーパータオルを丸ごと置いておくものなの?

ロシア大使館へ。誤解しないで。私はハンバーガーをこよなく愛している。でも、みなさんは説得力を身につけたほうがいい。

絶対、会合には自分の国の食べ物と飲み物を持ってくよ。

いい加減にして。

ハンバーガー?ずる賢いな!

ハフィントンポストUS版より翻訳・加筆しました。

▼画像集が開きます

Close
トランプ政権の100日間
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

(スライドショーが見られない方はこちらへ)


2015-04-13-1428914872-4591641-gengo.png