Huffpost Japan

大麻解禁のコロラド州、収益が奨学金に「学生が大学の授業料を払えるように」

投稿日: 更新:
印刷

これから奨学生となる学生は、大喜びだ。

コロラド州のプエブロ郡政委員会は2月13日、世界初の大麻資金による奨学金を承認した。

約47万5000ドル(約5400万円)の調達資金は、2017年秋からプエブロ・コミュニティ・カレッジ(PCC)コロラド州立大学(CSU)プエブロ校に入学を希望するプエブロ郡の高校生を対象に提供される。

その資金のうち、約42万5000ドル(約4865万)は、大麻販売の消費税収入から拠出される。その消費税は、プエブロ郡で栽培されたすべての大麻に課せられる郡の税金だ。残りの4万9664ドル(約568万円)は、州政府が運営する奨学金プログラムから補充される。

奨学金の条件を満たしているプエブロ郡の高校の卒業生全員に、2017年は約1000ドル(約11万円)の支給が見込まれ、能力と必要に応じてさらに多くの援助が与えられる。PCCの州内出身者用学費は年間3000ドル(約34万円)、CSUプエブロ校では、取った履修単位時間数にもよるが、年間で最大約6000ドル(約68万円)になる。

サル・ペース郡政委員は地元テレビ局「KKTV」に、「お金がコミュニティの利益になるために役立つのを見られてとてもうれしい」と語った。

「2〜3年前だったら、闇市場や麻薬カルテルに流れていったはずのお金です。今では麻薬カルテルの資金だったお金が、大学の奨学金の資金として使われています」と、ペース郡政委員は語った。

大麻プラントは、プエブロ郡にある36エーカーの農地で栽培されている。この農地は、地元農場「ロス・スエノス・ファームズ」がリースした、認可された小売大麻栽培所だ。

プエブロ郡の消費税は、栽培者が小売業者に販売する大麻に対して2%の税金を課す。この消費税は、5%を限度に毎年1%ずつ上がる予定になっており、少なくとも税収の半分はプエブロ郡奨学金基金に割り当てられる。

photo
大麻栽培の売上と課税率の両方が上がるにつれて、奨学金基金も今後数年間で増加すると見込まれている。

「毎年消費税が上がるので、奨学金基金も毎年増えていきます。また、2017年に多くの新しい農場が稼働することも期待しています。2016年には、認可された農場の約半数しか稼働していませんでした」と、ペース郡政委員はハフィントンポストUS版に語った。

プエブロ郡の広報担当者はハフィントンポストUS版に、「学生たちが大学の授業料を払えるよう支援するための方法を新たに見つけることが、このコミュニティにとって重要なんです」と述べた。

「このコミュニティに長期的なビジネスチャンスをもたらすため、若者のために大学の授業料が手の届くものにすることは非常に重要です。大勢の子どもたちが大学に行く金銭的余裕がありません。しかしこのプログラムがあれば、大麻税から収入を得て、それを使ってプエブロ郡のより明るい未来のために備えることができます」

ハフィントンポストUS版より翻訳・加筆しました。

▼画像集が開きます

Close
大麻使用経験のある有名人
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

(スライドショーが見られない方はこちらへ)


2015-04-13-1428914872-4591641-gengo.png