NEWS

石原慎太郎氏、来週の会見は取りやめ 小池知事「都民は事実知りたい」【豊洲問題】

2017年02月16日 18時48分 JST
時事通信社

東京都の豊洲市場をめぐる問題で、来週中に記者会見して説明する方針を明らかにしていた石原慎太郎元知事が一転して来週は会見しない意向だと、共同通信などが2月16日に報じた。27日からの週に開く方向で準備を進めているという。

都議会の特別委員会は14日、石原氏や用地取得交渉に当たった浜渦武生元副知事らの参考人招致を3月18~20日のいずれかで行うことを決めた

この決定に先立ち同日、石原氏は報道陣の取材に「逃げているとか、隠れているとかの屈辱を晴らしたい」と話し、来週にも会見して自らの見解を明らかにすると述べていた。日テレNEWS24によると、来週に会見しないことについて石原氏側は、参考人招致の日程が決まったことで状況が変わっただめと説明しているという。

一方、小池百合子・都知事は16日の定例記者会見で、記者会見する意向を示した石原氏について「都民が知りたいのはファクトだ。屈辱(を晴らす)といった問題ではなく、事実をお伝えいただきたい」と述べ、移転を決めた経緯を詳しく説明するよう改めて求めた

石原氏は、築地市場から豊洲市場への移転を決断した当時の知事。2016年10月に都のヒアリングを拒否し、その後、送られた質問状には回答したものの、小池氏からは「具体的な回答は、はっきり言ってなかった」と指摘されていた


▼画像集が開きます▼

石原慎太郎氏 画像集

【※】スライドショーが表示されない場合は、こちらへ。

関連記事 小池百合子氏、石原慎太郎氏を牽制「『記憶にありません』は、国民の方がご覧になる」
石原慎太郎氏、豊洲問題めぐる批判に反論 4年ぶり2回目のTwitter投稿