小林麻央、がん公表後初めて海老蔵の舞台観劇 「励みを頂きました」

投稿日: 更新:
MAO KOBAYASHI
市川海老蔵さん(左)と小林麻央さん=2010年7月 | Katsumi KASAHARA via Getty Images
印刷

乳がんで闘病中のフリーアナウンサー、小林麻央さんが2月18日、都内で上演中の夫・市川海老蔵が主演する舞台「六本木歌舞伎 第二弾 座頭市」を観劇した。麻央さんが海老蔵さんの舞台に足を運んだのは、2016年6月にがんを公表してから初めて。

麻央さんは、正午からの「昼の部」をマスク姿で観劇した。スポニチは「関係者によると、周囲にも笑顔を見せて元気な様子だったという」と伝えた。

麻央さん18日にブログを更新し、同公演のパンフレットを持ったマスク姿の写真を掲載。「元の生活へ復帰するまでは、と観劇は控えてきましたが、今日は体調も良く、主人もすすめてくれたので、思い切って」と綴った。そして、「1年以上ぶりの舞台の空間に励みを頂きました」と感想を記した。

海老蔵さんも同日、ブログを更新し、マスク姿の麻央さんと劇場内で撮影したとみられるツーショットを掲載。「あとで感想聞くの楽しみです」と妻の観劇を喜んだ。


▼画像集が開きます▼

Close
活躍する女子アナウンサー
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド
【※】スライドショーが表示されない場合は、こちらへ。

関連記事小林麻央、へその緒入れに願い込める「宝物にしてほしい」

小林麻央「ママ、早く本格復帰せねば!」と決意