NEWS

新庄剛志「すごい額」の金銭トラブルを激白、その額とは?

2017年02月21日 16時48分 JST | 更新 2017年02月21日 16時53分 JST
時事通信社

元プロ野球選手の新庄剛志さん(45)が2月20日、テレビ朝日系「しくじり先生 俺みたいになるな!!」に出演し、「この番組史上、一番すごい額をしくじりました」と金銭トラブルをテレビで初告白した。

新庄さんは西日本短大付(福岡)から1989年にドラフト5位で阪神に入団。直後から、母親の知り合いのAさんに金銭管理をすべて任せていた。Aさんは豪邸に住み、いくつもの会社を経営する人だった。新庄は「この人なら大丈夫だと思いますよね」と、稼いだ金をすべてAさんに預けていたという。

「Aさんは良き相談相手でした。スター選手になったのは、Aさんのおかげ」と新庄さんは強調した。反対の声もあったメジャー行きを後押ししたのもAさんだった。毎年、車を買い換えるなど無謀な散財で渡米前は貯金がほぼゼロだったが、メジャー1年目のニューヨーク・メッツでは日本人で初めて4番を打つなど活躍。シーズンオフにはスポンサー契約も相次ぎ、新庄は当時について「野球はなんてマジ、バイト」と振り返った。

その後、2006年に日本ハムを最後にプロ野球を引退するまでに44億円を稼いだ。ところが、引退後にCM撮影で訪れたインドネシアのバリ島が気に入り当地への移住を決心して預金口座を確認したところ、税引きで22億円あるはずの残高が2200万円しかなかったことが判明。Aさんを問い詰めると、相談なしに会社の資金に流用していたと答え、返すことを拒否したという。

裁判に持ち込んだが、2012年にAさんが破産宣告をしたため裁判自体が終了。戻ってきたのは8000万円だけだった。「17年間、調べていないのは自分のミス。他人に任せた僕が一番悪い」「金額もそうだが、裏切られたことも悔しい」などと心情を述べた。

最後には「年に1、2回チはェックしたほうがいい」と力を込めた。現在はバリ島に住んでいる。


▼画像集が開きます▼

1980年代のホームランバッター写真集

【※】スライドショーが表示されない場合は、こちらへ。

【フリーランスの「保活」イベント3月1日開催】 ハフィントンポストでは、多様な働き方・預け方について考えるイベントを開催します。フリーランスで働く方、保活に苦労している方、フリーランスの仕事に興味がある方もぜひお越しください。詳細は下記から、またはこちらのページからご確認ください。ご参加を心よりお待ちしています。 関連記事 金メダリスト・清水宏保氏、家賃5万円のアパート生活(スピードスケート)
有吉弘行の元相方森脇和成さん「サラリーマン辞めます」 猿岩石時代と芸能界引退を語る