NEWS

まついのりこさん死去 絵本作家「じゃあじゃあびりびり」「とけいのほん」

2017年02月25日 18時17分 JST | 更新 2017年02月25日 18時17分 JST

絵本・紙芝居作家のまついのりこ(本名・松井紀子)さんが2月12日、死去した。82歳。

共同通信によると、しのぶ会を6月2日に東京・武蔵野公会堂で開く。

長女を育てているうちに絵本と出会い、28歳で美大に入学。卒業の年に次女が産まれ、絵本や紙芝居に取り組んだ。「じゃあじゃあびりびり」「とけいのほん」など、幼児向けの絵本で知られる。「ころころぽーん」でボローニャ国際児童図書展エルバ賞を受賞した。

jabiri

1991年9月にはユネスコの派遣でベトナムを訪れ、紙芝居を上演して好評を博した。「ベトナムの紙芝居普及を支援する会」を設立して制作費を贈るなど、現地での紙芝居制作を支援した。1996年にはベトナム政府から文化功労賞を贈られた。

絵本や紙芝居の魅力について、生前の朝日新聞の取材に、こんなことを語っていた。

紙芝居も絵本も、人生のメッセージを子供に伝えようという点では同じですが、絵本は個人が本の世界に吸い込まれていくのに対し、紙芝居は、大勢の子供が一つの作品をとおして共感の世界を作ることができます。まついのりこ(朝日新聞1994年9月15日付朝刊)

2017年に亡くなった著名人