Huffpost Japan

「なぜ深刻さ、伝わらない?」保育園落ちた母親のリアル、市議がマンガに【待機児童問題】

投稿日: 更新:
6
印刷

待機児童問題に悩む親たちのリアルな保活事情をつづった漫画を、川崎市議会議員の小田理恵子さんがサイト上で公開した。

小田さんは民間企業を経て市議に転身し、現在2期目。2016年に『ここが変だよ地方議員』の漫画も出版している。

この漫画で、大手製薬会社に勤める主人公の女性は職場で妊娠報告後、女性の先輩から「妊娠したら即保活を始めないと」と忠告を受ける。分かりづらい役所などの資料を苦労してかき集めたり、臨月になってから保育園見学の予約に四苦八苦したりと、保活に振り回されたにも関わらず、最終的に保育園からは「保留通知」が届く。

小田さんは漫画を描いた動機についても綴っている

それによると、今年も、保育園に落ちた母親から「助けてください」という相談がいくつも舞い込んだからだという。市議になって以来、6年間この問題に取り組んだが今年も待機児童問題は解消しなかった。「なぜ、この深刻さが伝わらないのだろう?」と、漫画で訴えようと考えたという。

一方で、「『一部上場企業の共働きなんてお金持っているんだから認可外でもシッターでも雇えばいいじゃない!』という意見が」あったとも明かしている。

小田さんがサイト上で公開した漫画は以下の通り。

1
2
3
4
6
7
8
9
10

▼画像集が開きます▼

Close
楽しい子育て! 画像集
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

※ハフィントンポストではフリーランス協会との共催イベント(無料)を2017年3月1日(水)10:30-12:30 に開き、フリーランスで働く人の子育て事情や工夫などについて語り合い、提言をまとめたいと考えています。

ゲストは以下の4人です。
菊地加奈子さん(社労士/保育園経営者)
新倉暁子さん(ライフオーガナイザー)
吉野ユリ子さん(ライフスタイル・ジャーナリスト)
竹下隆一郎(ハフィントンポスト日本版編集長)
2017-02-17-1487322463-2514984-image_proxy.jpg

フリーランスで働いている方、保活に苦労している方、フリーランスという仕事の仕方に興味がある方もぜひお越しください。詳細は下記から、またはこちらのページからご確認ください。ご参加を心よりお待ちしています。

また、フリーランスで保活経験のある方を対象にアンケートも実施しています。こちらもぜひご協力ください。

関連記事

待機児童ゼロのはずの横浜市でも #保育園落ちた 悲痛な声「詐欺では?」そのカラクリは


関連記事

「保育園落ちた」 #フリーランスが保活に思うこと 「家で仕事なら子供も見られる」?