P!nk、息子におっぱいをあげている写真を投稿して愛を語る(画像)

投稿日: 更新:
印刷

シンガーソングライターのP!nk(ピンク)が生後2カ月の息子ジェイムソン君におっぱいをあげる写真を、Instagramにアップした。

2月26日に投稿された写真には、おっぱいを飲んでいるジェイムソン君、そしてその横で5歳の娘ウィローちゃんが、P!nkの足にしがみついて寝ている姿がうつっている。

キャプションで、P!nkは13世紀のペルシア詩人ジャラール・ウッディーン・ルーミーの詩を引用しながら、家族への愛をつづっている。

「死んでいた私はよみがえった。涙にくれていた私は、笑うようになった。愛が私に財産を運んできた。そして私は、永遠に続く財産になった。ルーミー」

P!nkは、「おっぱいをあげるのは自然なこと。恥ずかしいと受け止められるべきではない」と発信している。

2012年に出演したイギリスのトーク番組では、レストランでカバーをつけながら授乳していたにも関わらず、席の近くを通った男性からネガティブな反応をされた、という自身の経験を話しながら「授乳は健康的で自然なこと、そして私の赤ちゃんをリラックスさせます」と、公共の場での授乳を支持した。

また、アメリカの授乳啓蒙月間である2016年8月には、ウィローちゃんにおっぱいをあげていた時の写真を投稿している。

P!NKさん(@pink)がシェアした投稿 -

お母さんと子供の間でかわされる、健康的でナチュラルな行為。この写真を投稿できて嬉しい。協力的なパパがヘルシンキで撮影してくれた一枚です。

ハフィントンポストUS版に掲載された記事を翻訳しました。

▼授乳するママたち(画像集)▼

Close
授乳するママたち
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド


※画像集が表示されない場合は→こちら

ladiesbeopen

ハフィントンポストでは、「女性のカラダについてもっとオープンに話せる社会になって欲しい」という思いから、『Ladies Be Open』を立ち上げました。


女性のカラダはデリケートで、一人ひとりがみんな違う。だからこそ、その声を形にしたい。そして、みんなが話しやすい空気や会話できる場所を創っていきたいと思っています。

みなさんの「女性のカラダ」に関する体験や思いを聞かせてください。 ハッシュタグ #ladiesbeopen #もっと話そう女性のカラダ も用意しました。 メールもお待ちしています ladiesbeopen@huffingtonpost.jp