Huffpost Japan

エマ・ワトソン「男の子が女性のヒーローに憧れ、尊敬する社会になってほしい」

投稿日: 更新:
印刷

スーパーマン、バットマン、超人ハルク、スパイダーマン…「好きなヒーローは?」と聞かれたら、あなたはどのキャラクターを思い浮かべるだろうか?

もちろん、「ヒーロー」は男性キャラクターだけではない。チャーリーズエンジェル、キャット・ウーマン…女性の「ヒーローも」いる。

「男の子が女性のヒーローに憧れ、尊敬してもいい」と話すのは女優で国連「UNウィメン」親善大使のエマ・ワトソン。

エンターテインメント・ウィークリー誌のインタビューで、「男の子が女性のヒーローに憧れ、尊敬する社会になってほしい」と語った。

なぜ、男の子が女性のヒーローを受け入れるのは難しいか。その理由を、ワトソンはこう考えている。

「男の子が女性のヒーローに憧れるというのは、ほとんどないことです。常識から外れていることを受け入れるのは難しい」

「女性は、男性のヒーローに簡単に共感し、素晴らしい人間性に憧れます。だけど男の子は『女性に共感するのは難しいし、共感したいと思わない』と感じてしまいます」

ワトソンが言うように、女の子が男性のヒーローに憧れ、尊敬することは珍しくない。それは、ハロウィンのコスチュームを見るとよくわかる。

ハロウィンで男性ヒーローのコスチュームを着る女の子は少なくないし、着てもおかしいとは思われない。

しかし、女性ヒーローのコスチュームを着た男の子はほとんど見かけない。男の子が女性のヒーローになったり女の子のように振る舞うと、劣っているとか女々しいと思われるというのが、その理由かもしれない。そういった現状の下では、男の子は女性のヒーローを受け入れにくい。

ワトソンは、この現状を問題だと考えている。

「とても残念なことです。私は、女性は男性と全く同じ価値があり、尊敬に値する憧れの存在だ、と考える社会になって欲しいと思っています。少しずつでも変わって欲しい、いえ変わっていると思います。だけど、これはもっともっと注目されていい問題です」

ワトソンは、男性や男の子たちに、男女が平等に生きられる社会をつくるための協力を呼びかけるUNウィメンのキャンペーン「HeForShe」の立ち上げに関わった。

活動のせいで、ネット上で攻撃されるという経験もしたワトソン。それでも発言や活動を続ける彼女自身が、男女ともに憬れる存在となりつつある。

ハフィントンポストカナダ版に掲載された記事を翻訳・編集・加筆しました。

▼エマ・ワトソンの軌跡(画像集)▼

Close
エマ・ワトソンの軌跡
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド


※画像集が表示されない場合は→こちら