NEWS

『R25』消滅、13年の歴史に幕 編集長「私の力不足だった」

2017年03月01日 15時04分 JST

オンライン雑誌の『R25』が4月28日でサービスを終了することになった。発行元のリクルートと電通の合弁会社・メディア・シェイカーズが、3月1日に発表した。31日で更新停止、4月28日にサービス終了となるという。

『R25』は2004年7月にビジネスマン向けのフリーマガジンとして創刊。「オトコを刺激する情報マガジン」をキャッチフレーズに、首都圏の駅構内や、コンビニなどにラックスタンドを設置し、無料配布を行っていた。その後、オンライン版のサービスもスタートしたが、2015年9月にフリーマガジン版は休刊。オンライン版のみとなっていた。

『R25』の島雄輝編集長は、ハフィントンポストの取材に対して「親会社であるリクルートと電通の判断で、広告マーケットの変化から持続的に事業を継続していくのが難しいという判断に至りました」と、サービス終了の理由を説明した。

島編集長は2007年にリクルートに新卒で入社して以降、10年間に渡って『R25』の編集に携わり、2015年9月から編集長を務めていた。今の気持ちを問われた島氏は「寂しい気持ちはあります。私の力不足でした」と話していた。

r25

2004年の創刊当時のフリーマガジン『R25』


■関連スライドショー(世界的企業のロゴ、最初はこうだった)

世界的企業のロゴ、最初はこうだった


(※開かない場合は、こちらへ)


「Newton存続は社会的使命」 民事再生申請のニュートンプレスが発表