ウミガメの腹からコイン900枚 観光客が池に投げて飲み込む

投稿日: 更新:
OMSIN
手術を終えたメスのウミガメ | Athit Perawongmetha / Reuters
印刷

タイの保護施設で飼育しているウミガメの腹から、コイン915枚が見つかった。観光客が池に投げ込んだ際に飲み込んだとみられており、獣医師が手術で取り除いた。タイの地元メディア「Khaosod」などが報じた。

手術を受けたのは、動物保護センターで飼育されている25歳のメスのアオウミガメ。以前住んでいた池では、観光客が幸運を祈ってコインを投げ込むことが多く、そのコインを飲み込んだとみられている。

施設の建て替えのため、このカメは2016年6月に保護センターに移された。泳ぐ時にいつも体を傾けていることに、施設の関係者が気付いた。

大学の獣医師にCTスキャンを使って診てもらうと、胃の中に大量のコインがあることが判明。首都バンコクの大学病院で3月6日、手術が行われた。

7時間にわたる手術で、915枚のコインが取り出された。タイのバーツ以外にも、外国の通貨が入り混じっており、重さは約5キロあった。コインの大半がさびていたという。

手術後の経過は安定しているが、チュラロンコン大学のナンタリカ獣医学教授は、ロイター通信などの取材に対し「コインのせいで胃の中で炎症が起きていた。全快が確認できるまでに約1カ月ぐらいかかるだろう」と説明。さらに6カ月間の治療が必要だという。

池にコインを投げ込む行為について、「海洋生物にとってとても危険なので、カメなどがいる池ではやめてほしい」と訴えた。


■関連画像集「タイの屋台料理」

Close
タイの屋台料理
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

【※】スライドショーが表示されない場合は→こちら

訂正箇所を連絡