NEWS

ニュージーランドに移住できる? しかも渡航費は政府持ち(IT系技術者限定)

2017年03月09日 19時20分 JST

ニュージーランドへの移住はおどろくほど簡単だ。しかも、政府が渡航費を提供してくれる。

ニュージランドのウェリントン市は「LookSee Wellington」プログラムで、技術職の求人100件を埋めるため、有望な候補者に渡航費を支給している。候補者は現地を下見し、 遊びに出かけ、フルタイムの仕事につながるかもしれない面接を受けることができる。

プログラムに興味を持った旅行者は、オンラインの求人応募に記入し、その後地元のテック企業各社が、面接するか検討する(技術職の経験があると有利だろう)。候補に選ばれると、航空券と宿を無料で用意してもらえる上に、ビーチとビアバーの国で4日間過ごせる。

面接に受かった幸運な応募者100名は、採用後すぐに「シリコン・ウェリー」に移り住み、新たな仕事に就くことができる。

ニュージーランドは、アウトドアのアクティビティが豊富で、海外移住地ランキングで常にトップにランクインする国の一つだ。こんな特殊な求人に応募できるほどテクノロジーにくわしくない? そんなあなたは格安のフライトを探して、自力で遊びに行こう!

ハフィントンポストUS版より翻訳・加筆しました。

▼画像集が開きます

ニュージーランドの大自然

(スライドショーが見られない方はこちらへ)

「僕は笑顔を作る仕事がしたい」外資系キャリアを捨てた男性がビジネスでアフリカに貢献する理由[SPONSORED]

2015-04-13-1428914872-4591641-gengo.png