NEWS

CIA、顔文字を収集していた。ウィキリークスが暴露、「∩(・ω・)∩ 」「╯`Д ‘)╯彡┻━┻ 」も

2017年03月09日 17時14分 JST | 更新 2017年03月09日 17時14分 JST

内部告発サイト「ウィキリークス」は3月7日、「アメリカ中央情報局(CIA)のハッキング技術に関する機密情報の文書を入手した」と主張し、一部を公開した。

ウィキリークスによると、文書は8700ページに及び、CIAはAppleのスマートフォン「iPhone」やGoogleのアンドロイド携帯、マイクロソフトの「ウィンドウズ」、サムスンのスマートテレビなどから情報をハッキングする技術を開発したという。

真偽不明の文書には、スカイプの監視やWi-Fiネットワークへの侵入、オートコンプリート(WebブラウザでURLやユーザー名などを入力するときに、先頭部分を数文字入力すると、続きの文字を予測して、自動的に入力してくれる機能)機能を使ってパスワードを盗む方法の編集済みの指示書などが含まれる。

中には、情報機関の興味深い貴重な情報を含むダンプ(メモリーやハードディスクに記憶された内容を出力した文書)もあった――CIAは、ミーム(ネット上で流行している画像や言葉のネタ)と顔文字を使った絵文字に精通している。

ウィキリークスが公表した、「日本風の顔」とだけ名付けられた文書には100以上の表現がある。例えばこんな傑作がある。

∩(・ω・)∩ - 大喜び

ᶘᵒᴥᵒᶅ - 赤ちゃんアザラシ

╯`Д ')╯彡┻━┻ - 怒ってちゃぶ台返し

テックニュースサイト「Mashable」によると、7日に公開された文書(CIAの文書に関係するシリーズの最初と期待されている)には、情報機関がこうした記録を保管していた理由には触れていない。そのミームの多くは、ネット世界とサイバー・セキュリティの参考文献としてはすでに古い。

その他の題名のない顔文字作品は以下の通り。

¯\_(⊙︿⊙)_/¯

ó‿ó

Ծ_Ծ

щ(゚Д゚щ) < “Dear god why‽ )

٩(●̮̮̃●̃)۶

۞_۟۞

ಠ╭╮ಠ

ಥ_ಥ

ლ(ಠ益ಠლ) y u no guy

∩(︶▽︶)∩

⊙﹏⊙

┌∩┐(◕_◕)┌∩┐

◔ ⌣ ◔

☜(⌒▽⌒)☞

☹_☹

☻_☻

☼.☼

☾˙❀‿❀˙☽

♀ح♀ヾ

♥‿♥

♥╣[-_-]╠♥

♥╭╮♥

♥◡♥

顔文字の漏えいは割と呑気な話だが、他の文書はCIAの深刻なセキュリティホールを明るみにした。ワシントンポストは、ウィキリークスの今回の漏えいの規模を、2013年の国家安全保障局(NSA)の機密情報漏洩と比較している。

ウィキリークスは、これらの文書をどこで手に入れたか公表していない。「アメリカ政府の元ハッカーたちと、不正な請負業者たちの間で回覧されていて、そのうちの一人がウィキリークスにアーカイブの部分を提供した」と声明の中で主張している。

ウィキリークスでは、顔文字のアーカイブすべてを一覧できる。

ハフィントンポストUS版より翻訳・加筆しました。

▼画像集が開きます

ミュージシャンの絵文字

(スライドショーが見られない方はこちらへ)


2015-04-13-1428914872-4591641-gengo.png



日本の「絵文字」文化はここまで来た インド人学生がEMOJI バッグを作る