NEWS

【3.11】午後2時46分、気仙沼から生中継 東日本大震災から6年、あの海はいま

2017年03月10日 22時21分 JST | 更新 2017年03月11日 19時03分 JST
Kei Yoshikawa

3月11日で東日本大震災の発生から6年を迎えます。

警察庁がまとめた被害状況によると、一連の地震や巨大津波による死者は1万5893人。いまもなお2554人が行方不明となっています。

「あの日」起こったことを、決して風化させたくない――。そんな思いから、ハフィントンポスト日本版では3月11日、宮城県気仙沼市から海(太平洋)の様子を公式Facebookページで生中継します。

6年前の3月11日、気仙沼の街は津波に飲み込まれました。加えて、流されたLPガスや石油コンビナートから流出した油などが引火し、被害はさらに広がりました。暗闇の中、炎に包まれた気仙沼の様子を、テレビ報道などで見た方も多いかもしれません。

気仙沼市の発表によると、市内の死者は1031人(直接死1031人、関連死108人)、行方不明者は219人にのぼります。

「あの日」から6年。多くの命を奪った海はいま、穏やかに凪いでいます。

地震発生時刻の午後2時46分――。いっしょに、「あの日」に思いをはせてみませんか。

【※】ハフィントンポスト日本版の公式Facebookページは⇒こちら

※生中継は諸事情により、時間の変更等の可能性があります。このため開始が遅れる場合や、準備の都合上、途中からとなる場合がございます。予めご了承ください。

※現地のインターネット回線状況により、生中継を一時中断もしくは中止する場合があります。

▼画像集「東日本大震災から6年、気仙沼の街はいま」▼

東日本大震災から6年、気仙沼のいま


【※】画像集が表示されない場合は→こちら


【3.11】「復興したとはまだ言えない」 東日本大震災から6年、気仙沼の街はいま



【3.11】気仙沼の夜空に"光の慰霊碑"「未来へ明かりを届ける灯火に」 東日本大震災から6年