NEWS

朴槿恵大統領の失職で揺れる韓国 弾劾反対集会の参加者3人死亡(UPDATE)

2017年03月10日 16時59分 JST | 更新 2017年03月11日 00時14分 JST
Jean Chung via Getty Images
SEOUL, SOUTH KOREA - MARCH 10: Supporters of President Park Geun-hye react emotionally as the Constitutional Court had ruled the impeachment near the court on March 10, 2017 in Seoul, South Korea. Park will be permanently removed from the South Korean office and the nation will need to hold a presidential election within 60 days. Park had been impeached by parliament in December for allegedly letting her confidante Choi Soon-sil involved in state affairs and colluded to take bribes of millions of dollars from South Korean conglomerates. (Photo by Jean Chung/Getty Images)

韓国の朴槿恵大統領の罷免が憲法裁判所で決まった3月10日、朴大統領の弾劾に反対する集会に参加していた2人が死亡した。

ハンギョレによると、警察当局は10日、ソウル中心部で開催された弾劾反対集会に参加した70代の男性と、身元未確認の男性が、それぞれソウル市内の病院に運ばれて死亡したと発表した。

朝鮮日報によれば、70代の男性は10日午後1時ごろ、デモ参加者が警察車両をゆさぶったところ、バスの上に設置されていたスピーカーが落ちて頭を直撃し、病院に運ばれたが午後1時50分ごろに死亡した。

また、身元未確認の男性は午後12時15分ごろ、集会場近くの地下鉄安国(アングク)駅で意識を失ったまま見つかり、心肺蘇生が試みられたが病院で死亡した。警察は正確な死因を調べている。

この日の集会では、死亡した2人を含め、少なくとも4人が負傷して病院に搬送された。

【UPDATE】2017/03/11 12:12

ハフィントンポスト韓国版によると、10日の弾劾反対集会に参加し、負傷していた70代の人物が11日午前6時40分ごろ、搬送先の病院で死亡した。弾劾反対デモの死者は計3人になった。警察が詳しい死因などを調べている。

ハフィントンポスト韓国版に掲載された記事を翻訳しました。