Huffpost Japan

朴槿恵大統領の失職で揺れる韓国 弾劾反対集会の参加者3人死亡(UPDATE)

投稿日: 更新:
PARK GEUN HYE
2017年3月10日、韓国・ソウルで朴槿恵大統領の弾劾に反対する集会に参加した人々 | Jean Chung via Getty Images
印刷

韓国の朴槿恵大統領の罷免が憲法裁判所で決まった3月10日、朴大統領の弾劾に反対する集会に参加していた2人が死亡した。

ハンギョレによると、警察当局は10日、ソウル中心部で開催された弾劾反対集会に参加した70代の男性と、身元未確認の男性が、それぞれソウル市内の病院に運ばれて死亡したと発表した。

朝鮮日報によれば、70代の男性は10日午後1時ごろ、デモ参加者が警察車両をゆさぶったところ、バスの上に設置されていたスピーカーが落ちて頭を直撃し、病院に運ばれたが午後1時50分ごろに死亡した。

また、身元未確認の男性は午後12時15分ごろ、集会場近くの地下鉄安国(アングク)駅で意識を失ったまま見つかり、心肺蘇生が試みられたが病院で死亡した。警察は正確な死因を調べている。

この日の集会では、死亡した2人を含め、少なくとも4人が負傷して病院に搬送された。

【UPDATE】2017/03/11 12:12
ハフィントンポスト韓国版によると、10日の弾劾反対集会に参加し、負傷していた70代の人物が11日午前6時40分ごろ、搬送先の病院で死亡した。弾劾反対デモの死者は計3人になった。警察が詳しい死因などを調べている。

ハフィントンポスト韓国版に掲載された記事を翻訳しました。

関連記事

朴槿恵大統領を罷免、韓国の憲法裁判所が弾劾認める 5月9日までに大統領選挙(UPDATE)




「韓国のラスプーチン」朴槿恵大統領を陰で操る謎の女性・崔順実氏とは?