稲田朋美防衛相、森友学園の訴訟に出廷記録 国会答弁に矛盾

投稿日: 更新:
INADA
Japanese Defence Minister Tomomi Inada answers questions at a upper house committe of the National Diet in Tokyo on March 6, 2017. Inada confirmed three of the four missiles which launched from North Korea landed in Japanese-controlled waters. / AFP PHOTO / TORU YAMANAKA (Photo credit should read TORU YAMANAKA/AFP/Getty Images) | TORU YAMANAKA via Getty Images
印刷

稲田朋美防衛相が2004年12月、籠池泰典氏が理事を務めていた大阪市の学校法人「森友学園」が起こした民事訴訟の第1回口頭弁論に、原告側代理人弁護士として出廷したことを示す裁判所作成記録があることが判明した。サンスポなどが3月13日に分かったとして、報じた。

稲田氏は同日の参院予算委員会で「籠池氏の事件を受任し顧問弁護士だったということはない。裁判を行ったこともない」と明確に述べていた。(中略)

学園が04年10月に大阪地裁に提訴した同市淀川区の土地と建物の抵当権抹消登記請求訴訟で、訴状の「原告訴訟代理人」に稲田氏と夫の龍示氏を含む計3人が記された。同地裁が作成した同年12月9日の第1回口頭弁論の調書には、龍示氏を除く稲田氏ら2人の名前が「出頭した当事者等」に記載されていた。
 
稲田防衛相、「森友」訴訟出廷記録あった…関与否定も答弁に矛盾 - サンスポより 2017/03/14 05:02)

稲田氏はこれまで、国会で、森友学園側の顧問弁護士だったことはないと答弁。過去の関係についても「ここ10年ぐらいは会ったことも話したこともない」と述べていた

しかし、ライターの菅野完氏が籠池氏にインタビューしたという動画を13日にがインターネット上に公開、その中で籠池氏は「ご主人と稲田朋美先生と、もう一方かお二方、そのときの私に対する顧問弁護士」などと説明し、「旧知の仲」だと話した

稲田氏は1985年に弁護士登録し、夫妻で大阪市内の法律事務所に所属していた

民進党幹部は「国会答弁とは百八十度違う内容だ」と反発。同党国対幹部は「この際、辞めていただいた方がよい」と批判しており、稲田氏への追及を強める構えだ。


▼画像集が開きます▼

Close
森友学園
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド
【※】スライドショーが表示されない場合は、こちらへ。

関連記事稲田朋美防衛相、森友学園の訴訟を担当していた。過去の国会答弁と食い違い

稲田朋美防衛相「森友学園側の顧問弁護士だった事実はない」 デマの主は「反日左翼の皆さん、残念でした」