NEWS

『美女と野獣』同性愛シーンのカットにディズニーが反発 マレーシアで公開中止に

2017年03月15日 23時27分 JST | 更新 2017年05月12日 14時51分 JST
©2017 Disney Enterprises Inc. All Rights Reserved.

ディズニーが3月15日、新作映画「美女と野獣」のマレーシアでの上映を中止すること決めたと、AFP通信などが報じた。マレーシア政府が同性愛が描かれているシーンをカットして上映しようとしたためだ。

ビル・コンドン監督は、英紙アティテュードのインタビューで、ガストンの子分ル・フウについて、「ある日はガストンになりたいと思い、別の日は彼にキスをしたくなったりとする」と説明している

beauty and the beast

同作に登場するガストンとル・フウのキャラクター画像。

© 2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

ニューヨークタイムズによると、マレーシア映画検閲委員会は、同性愛を助長することを理由に、2人の男性がダンスホールで踊るシーンをカットすべきだと指導した。対象となるシーンは、およそ3秒であると言われている。

ディズニー側は15日、AFP通信の取材に対し、「マレーシアでの上映用に、映画のシーンはカットされていないし、これからもそうすることはない」と述べた。マレーシアでは16日の公開を予定していたが、見送られることになった。

アブドゥル・ハリム映画検閲委員長は15日、マレーシアが映画の上映を禁止しようとはしていないと述べた上で、「マレーシアのガイドラインでは、映画の作中での同性愛の行為を認めない。それらが映画の上映を妨げているが、少しカットすれば上映を認める」と、ニューヨークタイムズのインタビューに答えた。

さらに、ディズニーが該当シーンをカットすることに応じれば、映画はPG-13指定(13歳未満の鑑賞には保護者の同意が必要)を付けて上映すると話していた。

マレーシアは、イスラム教徒が大多数を占める国で、実際に適用されることは稀だが、男性同士の性行為などを法律で禁じている。2015年にはアンワル・イブラヒム元副首相が、元側近に対する同性愛行為の容疑で有罪判決が確定した

■ロシアでは16歳禁指定で公開

「美女と野獣」上映の是非をめぐり、各国や地域で波紋が広がっている。

ロシアでは、与党議員が「同性愛の宣伝活動」を未成年に広めることを禁じた法律を根拠に上映禁止を求めたが、16歳以上の年齢制限付きで公開することで決着した。

アメリカ・アラバマ州の映画館も、同性愛のシーンが含まれるため上映しないとFacebook上で宣言し、物議を醸した。

日本では、4月21日に公開される。


■関連画像集「ディズニーのキャラクターを演じたセレブ」

ディズニーのキャラクターを演じたセレブ


【※】スライドショーが表示されない場合は→こちら


『美女と野獣』ロシアで16禁指定に エマ・ワトソンは「曖昧さ、私は大好き」



『美女と野獣』の上映禁止、ロシア議員が求める 「同性愛の宣伝に当たる」