『デビルマン』結末までアニメ化 湯浅政明監督「最終的に"愛"です」

投稿日: 更新:
印刷

oriconnews

永井豪氏の原作漫画『デビルマン』アニメ化 湯浅政明監督が結末まで描き切る

今年、作家活動50周年を迎える永井豪氏の漫画史に残る傑作漫画『デビルマン』がNetflixオリジナルの新作アニメとして、来年初春に世界190ヶ国で独占配信されることが明らかになった。タイトルは『DEVILMAN crybaby』。監督は『四畳半神話大系』『ピンポン THE ANIMATION』などの作品で知られ、長編アニメーション『夜は短し歩けよ乙女』(4月7日公開)、『夜明け告げるルーのうた』(5月19日公開)と2ヶ月連続劇場公開を控える、アニメーション作家・湯浅政明氏。作品ごとに挑戦的な輝きを放つ湯浅監督が、伝説の原作漫画をどのように描くのか、注目される。

devil

原作の『デビルマン』は、1972年より『週刊少年マガジン』(講談社)で連載。原作漫画の全世界での単行本発行部数は累計5000万部を記録。海外でも高い人気があり、英語圏をはじめ、イタリア・香港・フランス・韓国など、多数の国で翻訳版が出版されている。漫画連載と同年にテレビアニメ化され、NET(現テレビ朝日)系で放送された。漫画家やアーティスト、クリエイターからも影響を受けた作品としてあげられることが多く、これまでテレビアニメのみならずOVA、実写作品、ゲーム、小説、派生マンガなど、多くのメディアミックスが行われてきた。

しかしながら、“原作漫画の結末”までアニメーション化した作品はなく、今回、初めて飛鳥了と不動明の出会いから、デビルマン誕生、そしてデビルマン対サタンのハルマゲドンまでを、描き切る。

永井氏の期待も大きい。「原作コミック『デビルマン』のアニメ化のお話を聞いた時、まず一番に思ったのは『最後まで描いてくれるの?』でした(笑)。僕が絶大な信頼を置いている湯浅監督なら、やりきってくれると信じています。デビルマンとデーモンの闘いが、アニメーションでどのように描かれ、決着がつくのか。2度と実現できないかもしれない『デビルマン』の結末までのアニメーションを、僕自身楽しみにしています」。

大役を任された湯浅監督は「最も衝撃を受けた漫画『デビルマン』のアニメ化を、まさか自分がやる事になるとは! 漫画史上最高とも言える衝撃的な展開と壮大なラストシーンにたどり着くため、原作のスピリット、エッセンスを『今やるアニメーション』の形に落とし込む作業に日々悪戦苦闘中です。しかし配信という事で制約も少ないので、限界までやりますよ! バイオレンス、エログロなどありますが、最終的に“愛”です。楽しみに待っていてください」と意気込みを伝えた。

新宅洋平プロデューサー(アニプレックス)は、「デビルマンの原作が持つニュアンスを最大限活かしつつ、湯浅監督に現代に描かれるべきアニメとして、新たな映像化をしていただきます。激しいバイオレンス描写など、Netflix配信ならではの表現に挑みます。永井豪先生の原作に真正面から向き合う『DEVILMAN crybaby』にぜひご期待ください」とコメント。

脚本は、『コードギアス 反逆のルルーシュ』をはじめ、『甲鉄城のカバネリ』など、ドラマ性の高いストーリーを描くのを得意とする脚本家・大河内一楼氏が執筆。音楽は『ピンポン THE ANIMATION』で湯浅監督と組んだ牛尾憲輔氏が担当。企画、プロデュースは、アニプレックスとダイナミック企画が行う。

原作漫画の連載開始から45年、『デビルマン』が2018年の世界に向けて、どんなメッセージを打ち出すのか。日本語のほか9ヶ国語に吹き替え、字幕版は25ヶ国語で配信される。

■物語

主人公、不動明はある日、親友の飛鳥了から、地球の先住人類「デーモン(悪魔)」が復活し、地球を人類から奪い返そうとしていることを知らされる。了は明に、デーモンの超能力を取り入れて戦わなくては人類に勝ち目はないと、デーモンと合体する話を持ちかけてくる。明は、悪魔の力と人間の心を持つデビルマンとなることに成功。デビルマン、不動明の戦いが始まる。

【関連記事】

Also on HuffPost:

Close
女性コスプレイヤー170選
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

訂正箇所を連絡