Huffpost Japan

教育勅語とは何か? 松野文科相「教材として用いて問題ない」と発言(全文・現代語訳)

投稿日: 更新:
TYOKUGO
教育勅語 | 国立公文書館
印刷

戦前・戦中における国民道徳の基本原理であった「教育勅語」について、松野博一文科相は3月14日の記者会見で、憲法や教育基本法に反しないような配慮があれば「教材として用いることは問題としない」との見解を示した。

「教育勅語」をめぐっては、国有地の取得や小学校の許認可をめぐる経緯で揺れる大阪の学校法人「森友学園」が運営する塚本幼稚園が、園児に暗唱させていることで話題になった。同学園の籠池泰典理事長は「教育勅語がどうして悪い?」 と発言している

また、稲田朋美防衛相は3月8日の参院予算委員会で「教育勅語の精神は取り戻すべきだと考えている」と持論を展開。福島瑞穂議員(社民)から「教育勅語が戦争への道につながったとの認識はあるか」という問われると、「そういう一面的な考え方はしていない」と反論した。

そもそも「教育勅語」とはどんなものなのか。その歴史的背景も含め、改めて振り返る。


【※】「教育勅語」の解説・歴史的経緯が表示されない場合は→こちら

▼画像集が開きます▼

Close
歴代天皇(宮内庁「天皇系図」による)
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド


【※】スライドショーが表示されない場合は→こちら