「ボツなんて勿体無い」キングジムの"円周率ノート" 斜め上すぎる発想が話題に

投稿日: 更新:
印刷

文房具メーカー「キングジム」が、商品化されなかった文房具をTwitter上で公開し、「アイデアが面白い」などと反響が広がっている。

同社は、「円周率の日」である3月14日に合わせて、商品化されなかった「円周率ノート」の写真を投稿。文字を一列に揃えて書くための羅線に目を凝らすと、円周率と思われる数字で作られている。

ノートの左上には、ページ番号に見せ掛けたのか、「3.」と記され、その下の罫線から「1415926535・・・・・」と始まり、円周率の数字が永遠と続く。

投稿では「314日ほど使用すれば(多分)自然と円周率が身につく」と、紹介文を添えている。ノートを使いながら、円周率を学べるというアイディアだ。円周率にちなんで、値段は314円を考えていたという。

何ともマイナーで、しかも商品化されなかった文房具を公開するというユニークなPR方法が好感を持たれ、数多くのコメントが寄せられた。

「フォントサイズ半分くらいにして、行数増やしたら売れるかも。ってか欲しいw」「ボツなんて勿体無い」などと、商品化を求める声が相次いだ。

「3月14日限定で、3141冊販売すればいい」「素数ノートをぜひ」などと、提案する人も見られた。

どんな意図があったのか、ハフィントンポストが3月16日、キングジムに問い合わせてみると...

「自由な発想で商品を作ることを心掛けています。その雰囲気が伝わればいいと思って投稿しました」。だそうだ。

話題になっていることについては、「ありがたい。これをきっかけに会社や他の商品にも注目してもらえたら嬉しい」。

「円周率ノート」を望む声を受けて、商品化するつもりがあるかどうか聞いてみると、「今のところその予定はない。反響がもっと増えれば、検討するかもしれない」という回答だった。

商品化する見通しはなさそうだが、‘ボツ’になったに文房具にも関わらず、大きなPR効果を生んだようだ。


■関連画像集「職場を楽しくする文具」

Close
職場を楽しくする文具
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

【※】スライドショーが表示されない場合は→こちら