Huffpost Japan

「水面下なら答えてやるよ」浜渦武生・元都副知事、百条委で強気の反論

投稿日: 更新:
HAMANABE
東京都議会の百条委員会で、自席から発言する浜渦武生・元副知事=19日午後、東京都新宿区、西畑志朗撮影 | 朝日新聞社
印刷

浜渦氏「水面下なら答えてやるよ」 百条委で強気の反論

 東京都の豊洲市場の用地取得をめぐり、19日に都議会百条委員会に証人として出席した浜渦武生・元都副知事(69)。やりとりのなかで時折、怒気をにじませた。

 「質問の趣旨がよくわかりません」「残念ながらね、委員(都議)の発言が思い込みなんです」。約4時間の質疑で、浜渦氏はたびたび、質問者の都議に語気を強めて反論した。

 公明都議が交渉の経緯をまとめたパネルを使って質問すると、「(パネルが)見えません。何かさっぱり分からない」。都議の質問が長引くと、「(質問は)何でしたかね」と応じる場面もあった。

 浜渦氏は石原慎太郎元都知事の側近中の側近とされ、国会議員時代から秘書として支えた。石原氏が1999年の都知事選で初当選した後は知事特別秘書になり、2000年に副知事に就任。石原氏の名代として都政を取り仕切り、新施策などについては、石原氏の耳に入れる前に浜渦氏の了解を得ることが慣習化した。その剛腕ぶりから、都庁内で「ドーベルマン」とも呼ばれた。

 浜渦氏は副知事だった05年にも、都議会の百条委に証人喚問されている。都の補助金をめぐる都議会での答弁が自民都議らの反発を招き、百条委で審議された。証人喚問での証言が「偽証」と認定され、都政の混乱を収拾したい石原氏の判断で、副知事辞職に追い込まれた。

 都議会で百条委が設置されたのは、それ以来のことだ。19日の百条委で、浜渦氏は当時の経緯を踏まえ、「浜渦は邪魔だから出ていけと、私は追放されたんですよ」と振り返った。

 この日、最も激高したのは、「(浜渦氏の東ガスとの交渉により)混乱を招いた責任を感じないか」と指摘された時だった。「どこに責任があるんですか。当時はですね、ここにも数人(の都議が)いますが、『よくぞ東ガスと交渉をまとめてくれた』と称賛された」。声を荒らげてこう話すと、証言席の机を手でたたいた。

 この都議の質問が終わった直後、浜渦氏は自席でつぶやいた。「水面下で質問したら、答えてやるよ」

(朝日新聞デジタル2017年3月20日06時20分)

関連ニュース
asahi shimbun logo
(朝日新聞社提供)