「老犬&老猫ホーム」ってどんなところ? ペットの看取り、飼い主が亡くなったあとも世話

投稿日: 更新:
印刷

老いる飼い主、老ペットの世話は… 犬猫みとるホーム

2017-03-19-1489907893-6986842-AS20170316001347_comm.jpg
老犬ホームで過ごす犬たちと、世話をする圓谷さん=静岡県三島市の「富士の里」

 高齢者が高齢のペットの面倒を見る「老老介護」、親の介護に加えてペットの介護もする「二重介護」……。ペットの長寿化が進む中、様々な事情でペットと一緒の生活が難しくなる飼い主たちがいる。そんな飼い主のニーズに応え、ペットをみとりまで世話し続ける施設が静岡県内にある。

 三島市芙蓉台3丁目の老犬ホーム「富士の里」。NPO法人「日本アニマルセラピー協会」(神奈川県大和市)などが運営する同施設は2014年に犬の受け入れを始め、これまで9~18歳の老犬10頭の世話をしてきた。うち6頭は最期まで世話をする「終生飼養」での預かりだった。

 木造2階建ての一軒家で広いベランダ付き。室内はエアコンが効き、クラシック音楽が流れる。アットホームな雰囲気で、いつでも犬の世話ができるよう所長の圓谷竜也さん(28)とスタッフ1人が住み込む。

 失禁する犬にはおむつをはかせ、寝たきりの犬には寝返りを打たせる。後脚が悪い犬には、胴部を持ち上げる介助機器を使って散歩させる。夜泣きや徘徊(はいかい)する犬にも対応する。1頭1頭に合った世話の仕方を考えて対応している。

 動物が好きでこの仕事に就いたという圓谷さん。飼い主側には犬との老老介護や二重介護などの問題が生じていたという。15年に大型犬を預けに来た県内の女性は、心臓と後脚が悪く、夜泣きする愛犬の世話をしながら両親の介護も抱えていた。

 富士の里で犬を預かったが、その後、介助なしでは歩けない状態になり、昨年1月、15歳で死んだ。圓谷さんは「大好きな犬のことで悩むことが辛いと感じたり、預ける行為を責任放棄と感じたりする人もいる。でも、ここで穏やかに暮らす犬を見て楽になったとの声をいただきます」

 圓谷さんはこれまで5頭をみとった。愛犬の幸せを願う飼い主のためにも、愛犬にどんな最期を迎えさせてあげるかをしっかり話しておくことが大切という。預かりは有料。圓谷さんは「飼い主は困ったら、1人で抱えずに相談してほしい」と話す。

■飼い主も高齢化、世話できず

 猫専用の施設もある。活動開始から今年で5年目を迎える磐田市大原のNPO法人「ねこホーム」。現在預かっている猫は41匹。終生飼養の預かりは33匹で、約9割は10歳以上の老猫。約1割は高齢による持病の治療を受けている。

(朝日新聞デジタル 2017年03月19日 11時21分)
関連ニュース
asahi shimbun logo
(朝日新聞社提供)