Huffpost Japan

「現代版ラプンツェル」の髪は230センチメートル どうやって生活しているの?

投稿日: 更新:
RAPUNZEL
aliia_more/Instagram
印刷

ラトビアのリガに住むアレア・ナジロヤさん(27)の1日のメインイベントは、自分の髪を梳くことだ。

それとも、「メイン(英語で豊かな髪の毛の意)」イベントと言うべきだろうか?

ナジロヤさんの彼女の髪の毛の長さは、90インチ(約230センチメートル)にも及ぶ。

そのため、そのお手入れにはとてつもなく時間がかかる。動画ニュースサイト「バークロフトTV」によると、髪を梳かすのには丸1時間、その豊かな髪を洗った後に自然乾燥させるには丸1日かかるという。

そして、旅行時には重さ22ポンド(約10キログラム)のシャンプー、コンディショナー、そして櫛を持ち歩かなければならない。

ナジロヤさんはこの20年間、自身の好きなグリム童話「ラプンツェル」と同じくらい髪の毛が長くなることを目標に伸ばしてきた。

ナジロヤさんの夫イワン・バラバンさんは、彼女の長い髪の毛を誇りに思ってはいるが、出来る限り、(そして文字通り)絡まないように生活している。

「彼女の髪のスペースを確保するために常に壁に身を寄せています。偶然髪を傷つけたり、絡ませたり、何があってもダメージを与えないようにするためです。」とバークロフトTVに語った。

「いつも、編まれた髪には尊敬の念を持って話しかけています。たまに、少し動いてもらうように頼んだりします」

ナジロヤさんはモデル業で生計を立てることができているが、過去には鬱陶しい経験もしたという。

「幼い頃に劇場に行ったとき、誰かが私の髪の毛にガムを入れていきました。その時は悲惨でした」と彼女はバークロフトTVに語った。「このガムを取り除くのが非常に大変で、髪の毛を一部切らなくちゃいけませんでした」。

ハフィントンポストUS版より翻訳・加筆しました。

▼画像集が開きます
Close
ディズニー映画の中の隠れ要素
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

(スライドショーが見られない方はこちらへ)


2015-04-13-1428914872-4591641-gengo.png