蜂の大群が球場を占拠 選手たちは地面にうつ伏せに(動画)

投稿日: 更新:
印刷

アメリカ・メジャーリーグ(MLB)開幕直前の3月30日、アリゾナ州ピオリアで行われたコロラド・ロッキーズ対サンディエゴ・パドレスのオープン戦で、9回に蜂の大群が来襲し、プレーが中断する騒ぎがあった。

地元テレビ局「KDVR」によると、大量の蜂がホームベースの後ろに設置したマイクに集まり、内野一帯を飛び始めた。

ピッチャ―、キャッチャー、打者、審判は、蜂に刺されないよう、すぐに地面にうつ伏せになった。

「核爆弾の避難訓練のようだ」と、FOXスポーツのキャスター、マーク・グラントが動画の中で言っている。

パドレスのピッチャー、クレイトン・リチャードは、MLB.comのインタビューで蜂のことを聞かれた。彼はどう考えてもプロの昆虫学者ではないが、蜂対策のアドバイスが的確すぎる。

「とにかく蜂から離れることだ」と、リチャードは言った。「ベンチの向こう側に行かないと。あそこには近付きたくないな」

試合はロッキーズがパドレスに10対5で勝利した。

野球用語の「RBI」(打点)に新しい定義が加わった。"Rogue Bee Invasionローグ・ビー・インベージョン"(いたずら蜂の襲撃)だ。

ハフィントンポストUS版より翻訳・加筆しました。

▼画像集「野球の名言・格言」が開きます

Close
野球の名言・格言
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

(スライドショーが見られない方はこちらへ)


2015-04-13-1428914872-4591641-gengo.png