小林麻央「風邪じゃないんです! 癌なんです」 家族でお出かけも、咳止まらず

投稿日: 更新:
MAO KOBAYASHI
小林麻央さん=2008年10月 | Kiyoshi Ota via Getty Images
印刷

乳がんで闘病中のフリーアナウンサー、小林麻央さん(34)が4月2日、自身のブログで、子供たちや家族とポニーの乗馬体験に出かけた際、咳が止まらなかったことを明かした。

麻央さんは姉の小林麻耶さん(37)、長男・勸玄(かんげん)くん(4)と長女・麗禾ちゃん(5)らと出かけ、子供たちが乗馬を楽しむ写真を掲載。楽しげな様子だが、麻央さんは咳が止まらず、周囲の人に「ごめんなさい。風邪じゃないんです!癌なんです」と説明、夫の歌舞伎俳優、市川海老蔵さん(39)の反応などを次のように綴った。

あまり咳をするとまわりの方に 迷惑かなと思い、「ごめんなさい。風邪じゃないんです! 癌なんです。」と言っていると、主人に、すごいね!それ  と驚かれました。
 
小林麻央オフィシャルブログ「KOKORO.」Powered by Amebaより 2017/04/02 21:27)

ブログの締めくくりには、「今日も肺に語りかけて寝よう」と記した。

麻央さんは2014年10月に乳がんと診断され、16年9月にはがんが肺や骨などに転移していることを告白している。

関連記事小林麻央「ママ、早く本格復帰せねば!」と決意

小林麻央さん、テレビで夫・海老蔵さんへの思い語る 「チャンスを神様下さい」