NEWS

文在寅氏、韓国大統領候補に 最大野党「共に民主党」から選出

2017年04月04日 16時49分 JST | 更新 2017年04月05日 22時25分 JST

韓国の革新系最大野党「共に民主党」は4月3日、党の前代表、文在寅(ムン・ジェイン)氏を5月9日に投開票される第19代大統領選挙の公認候補に最終選出した。韓国の通信社「ニュース1」などが伝えた。

文氏は、前回2012年の18代大統領選挙に続き、5年ぶりに再び大統領選挙に挑戦することとなった。

文氏はこの日、ソウル市で開かれた首都圏・江原・済州の予備選で60.4%の得票率で勝利し、決戦投票なしに大統領選に進んだ。

文氏は初の予備選(全羅道)から、最後の予備選(首都圏・江原・済州)まで4連勝を果たし、累積得票でも過半数となった。

李在明・京畿道城南市長は、首都圏・江原・済州の予備選で得票率22%の2位となった。安煕正・忠清南道知事は17.3%で3位にとどまった。崔星・京畿道高陽市長は0.3%を記録した。

w

韓国大統領選で、「共に民主党」の候補に選ばれた文在寅氏

特に文氏は予備選の度に権利党員(「共に民主党」党員のうち、党費を納入した党員。党員加入 5.党費納入案内より)、代議員投票とARS投票(電話自動応対投票)ですべて勝利し、党と世論の支持を得た。

w

文氏は予備選挙の勝利が確定した後、 「偉大な国民の、偉大な大韓民国をつくる。大韓民国の栄光の時代はまだ始まっていない」とし「その偉大な旅を今日始める。ご一緒してほしい」と訴えた。

彼は党内候補だった安煕正・李在明の両氏に向けても、手を差し述べた。「私と競争した三人の同志の価値も変わらなかった。安煕正の統合の精神、李在明の正義の価値、崔星の分権の意志は今や私の公約であり、私たちの旗印」と述べた。

文氏が民主党の大統領候補に確定し、本選の候補者も事実上確定した。

本選で文氏は、旧セヌリ党の与党「自由韓国党」の洪準杓(ホン・ジュンピョ)慶尚南道知事と、セヌリ党から分裂した「正しい政党」の劉承旼(ユ・スンミン)国会議員、第3野党「正義党」の沈相奵(シム・サンジョン)氏らと戦う。中道の第2野党「国民の党」の安哲秀(アン・チョルス)元共同代表も4日の選出大会で勝利した後、本選候補者に加わることが予想される。

【関連記事】

  • 韓国大統領、本当に「悲惨な末路」なのか? 朴槿恵氏逮捕なら歴代3人目(図解)
  • 朴槿恵大統領を罷免、韓国の憲法裁判所が弾劾認める 5月9日までに大統領選挙(UPDATE)
  • 韓国大統領選は5月9日投開票 有力候補の出馬辞退で支持率に変化も
  • ............

    【イベント開催】

    ハフィントンポストは4月6日(木)、一般社団法人シンクパールと朝日新聞社メディアラボとの共催で「もっと話そう女性のカラダ!仕事とカラダのいい関係」について考えるイベントを開きます。

    一人ひとりのカラダが違うこと、年齢に伴ってカラダは変化することを意識し、子宮頸がんを中心とした病気のリスクについても知る。かけがえのない大事なカラダについて、より理解を深め、会話する。健康でよりよい働き方を選択していくきっかけにしていただきたいと思います。男性の参加もお待ちしております。

    お申し込み⇒