NEWS

子供の自殺が多いのは、4月8日と11日 尾木ママ「いじめが辛い時は学校休んでいいんだよ」

2017年04月09日 17時21分 JST | 更新 2017年04月09日 17時26分 JST
時事通信社

尾木ママこと教育評論家の尾木直樹氏(70)が4月8日、公式ブログに「いじめで辛い時は『学校休んでいいんだよ…』」などと投稿した。

2014年度の自殺対策白書によると、新学期が始まる4月は自殺する児童生徒が多い。特に8日と11日は、夏休み明けの9月1日に次いで、自殺する子の人数が多い日の上位2〜3番目となっている。

under18

尾木ママは、「学校行かなきゃ 学校休めない…なんて考えると息苦しくなります」とアドバイス。「いじめ地獄の教室や部活から 緊急避難としての学校休むことは 自分の命と心の安心・安全保つのに不可欠」などと綴った。

また、尾木ママは保護者に対しても、子供がいじめられているときには学校に行かせないよう呼びかけている。 「早めに休み わが子の傷 深くしないこと 視野広げさせ 違う居場所 見つけること」「学校には相談して 加害者の加害行為やめさせる約束取り付けましょう」など、子供を守る方法を紹介している