Huffpost Japan

浜渦武生元副知事、土壌汚染の質問した記者に「あなたが毒されている」

投稿日: 更新:
HAMAUZU02
記者会見する浜渦武生・元副都知事 | Kei Yoshikawa
印刷

東京都の豊洲市場移転をめぐる都議会調査特別委員会(百条委員会)での証人喚問で、複数の都議から「偽証の可能性がある」と指摘された浜渦武生(はまうず・たけお)元都副知事が4月10日午後、都庁で記者会見を開いた

会見の冒頭、浜渦氏は「今日は私の言い訳の会ではありませんので、皆さんの方の疑問をおっしゃっていただきたいと思います」と述べる一方、報道陣との質疑応答では「一人一問にして」「(記者の)名前聞いたって覚えてないから、名前いりません」と、会見を仕切る場面も。会見は終始、饒舌な浜渦氏のペースで進んだ。

浜渦氏は、豊洲市場への移転交渉での初期(2000〜01年)に用地所有者だった東京ガスとの交渉を担当。3月19日の百条委員会でその経緯について証人喚問されたが、元知事本局長の前川燿男(まえかわ・あきお)練馬区長の証言などとズレがあり、複数の都議が偽証の可能性を指摘している。

この日の会見では、質問するために手を挙げた記者らを「手も長い、顔も長い人。夏みたいなシャツ着てる…」「はーい、メガネ。顔の大きい人」と呼び指名。報道陣に「あんまり意味のない質問をしないで。中身のある質問をしてよ」とクギを刺した。

前川氏との証言のズレを指摘されると、「あのね、前川 対 浜渦のケンカをさせようと、記者としては面白いかもしれんけどね。あんまりそういう誘導でない質問にしてね」と飄々と述べ、報道陣から笑いがこぼれる場面もあった。

hamauzu
笑みを浮かべながら会見場を後にする浜渦氏

会見ではフリーランスの記者から「土壌対策費が必要になる時点で土地を購入した。水面下の交渉に当たった浜渦さんに責任があるのでは」と問われると、「私の時に土壌汚染の話はない。それはあなたが毒されている話」と全面的に否定。

続けて同じ記者が質問しようとすると、「二問(質問)しないで」と一瞬色をなしたが、直後に笑みを浮かべつつ「復興大臣になりたくない」と、4日の会見で記者に激昂した今村雅弘復興相に自身をなぞらえて、質問を流す余裕を見せた。