NEWS

余命わずかな患者に最後の願いを 病院の規則破った看護師の思いやり(画像)

2017年04月11日 22時08分 JST

デンマークの看護師たちが、75歳の男性の最後の望みを叶えるため、病院の規則を破った。

オーフス大学病院の医師たちは、カーステン・フレミング・ハンセンさんに、容態が悪化し手術ができないこと、大動脈瘤の内出血によりあと数日の命であることを告げた。するとハンセンさんは、最後にやりたかったことを打ち明けた。

それは、夕日を眺めながら、外でタバコを吸い、冷たい白ワインを1杯飲みたい、という願いだった。

病院のFacebookアカウントからの投稿によると、4月4日、看護師たちはハンセンさんをベッドに載せたままバルコニーへ連れ出し、建物が定める厳格な禁煙の規則を破り、ハンセンさんに喫煙を許した。

EN VÆRDIG DØD PÅ HOSPITALET

I dag sov Carsten Flemming Hansen stille ind på Aarhus Universitetshospital.

Få dage...

Posted by Aarhus Universitetshospital on Friday, 7 April 2017

ハンセンさんは壮大な夕日を楽しみ、親しい家族や友人に囲まれ、お酒をゆっくりと飲んだ。

「とても居心地の良い、リラックスした雰囲気でした」と、看護師の1人、リック・クビストさんは語った。「もちろん、患者さんがもうすぐ亡くなるという事実に親族は失望し、悲しんでいました」

病院は7日、ハンセンさんが亡くなった直後、写真をシェアした。投稿はすぐに拡散し、多くの人が看護師たちの思いやりある行動を称賛している。

あなたたちがいる場所は、ただの病院じゃない。人々がまだ夢を抱ける場所だ。たとえ人生が、あらゆる機会を閉ざしたとしても。

まさにこうあるべき。わたしの父のためにもこうしてあげられていたら。ご家族のみなさん、よくやったね。そして思いやりを示した病院のスタッフに敬意をこめて。

優しいスタッフと家族からの、人間味ある美しい贈り物。お世話を受けたハンセンさん、宇宙の向こうで人生の素晴らしさを噛みしめているんじゃないかな。

私のときも同じようにしてもらいたい。カーステン・フレミング・ハンセンさん、安らかに。#Aarhus #Universitetshospitalに大いなる尊敬をこめて。

最近は時々、人間らしさが失われているように思えるけれど、こういう投稿は優しさの火を絶やさないでいてくれるね。今は辛いときでしょうが、ハンセンさんのご家族に幸あれ。

ハフィントンポストUS版より翻訳・加筆しました。

▼画像集が開きます

ハフポストで感動を呼んだ話

(スライドショーが見られない方はこちらへ)


2015-04-13-1428914872-4591641-gengo.png



余命4ヶ月の少女、最後の願いは「銃を撃ちたい」 警察官が夢を叶える