東芝、やっと決算発表 監査法人は「意見不表明」

投稿日: 更新:
TOSHIBA
東芝(4月11日撮影) | Toru Hanai / Reuters
印刷

東芝、2カ月遅れで決算発表 監査法人の適正意見なし

 東芝は11日、2016年4~12月期決算を約2カ月遅れで発表した。ただ、通常つくはずの監査法人の「適正意見」はなく、信頼性を欠く内容となった。経営破綻(はたん)した米原発子会社ウェスチングハウス(WH)をめぐる調査で監査法人側との溝が埋まらず、形の上で決算を出すことを急いだ。

 東芝を担当するPwCあらた監査法人は、通常の決算につける「適正意見」に代え、十分な監査の証拠が得られなかった場合に出す「意見不表明」を出した。WHの巨額損失を経営陣が早くから認識していた可能性について、評価がまだ終わっていないためとした。 東芝が発表した16年4~12月期決算は、米国の原子力事業関連で7166億円の損失を計上し、純損益は5325億円の赤字(前年同期は4794億円の赤字)となった。2月に公表した見通しから、追加の引当金の計上などで赤字が326億円拡大した。3月のWHの破綻による損失は織り込んでいない。

(朝日新聞デジタル 2017年04月11日 18時39分)
関連ニュース
asahi shimbun logo
(朝日新聞社提供)

訂正箇所を連絡