木嶋佳苗被告「驚きはありません」 首都圏連続不審死事件で死刑が確定

投稿日: 更新:
印刷

死刑「覚悟していたので」 木嶋被告、拘置所で淡々

 2009年に首都圏で起きた男性3人の連続不審死事件で、殺人罪などに問われた木嶋(現姓・土井)佳苗被告(42)の死刑が確定することになった。最高裁が14日の判決で、被告の上告を棄却した。

 桜色のシャツに白いパンツ姿で、木嶋被告は東京拘置所の面会室に現れた。14日午後3時半、最高裁でも死刑が維持されたことを伝えると、「それはもう一審後から覚悟していたので、特に驚きはありません」。淡々と話した。

 2009年に逮捕され、12年の一審判決は死刑。そのころから記者との文通や面会は始まった。今年3月に面会した時も、「死刑への怖さはない」。14年の二審判決前の面会では、目に涙を浮かべる姿を見ていただけに、記者が驚くほどさばさばとしていた。

(朝日新聞デジタル 2017年04月15日 05時02分)
関連ニュース
asahi shimbun logo
(朝日新聞社提供)