斎王代に選ばれた富田紗代さん「夢にも思っていない話」京都・葵祭

投稿日: 更新:
印刷

京都女性憧れ「斎王代」に同大生 「精いっぱいご奉仕」

 葵祭(あおいまつり、5月15日)のヒロイン、第62代斎王代(さいおうだい)に選ばれた同志社大2年の富田紗代さん(19)=左京区。記者会見で、白地に花々があしらわれた振り袖に身を包み、「多くの方への感謝の気持ちを忘れず、精いっぱいご奉仕させていただければ」と抱負を語った。

 斎王代は着物を着慣れた京都ゆかりの未婚女性から選ばれる。祭り当日は、約500人の行列の主役の一人として、十二単(ひとえ)を着て「腰輿(およよ)」と呼ばれる輿に乗って京都御所から下鴨神社、上賀茂神社までの約8キロを進む。

 富田さんは不動産会社専務の父謙一郎さん(55)の三女で、祖父謙三さん(82)は京都文教学園理事長。同志社女子中・高時代は近くを通る行列を友人と見にいったこともあるという。「京都の女性にとって、斎王代をやらせていただくということは、夢にも思っていない話で、やらせていただくのは光栄なことです」と喜ぶ。

saioudai
第62代斎王代に決まった富田紗代さん=11日、京都市上京区、佐藤慈子撮影


(朝日新聞デジタル 2017年04月17日 08時33分)
関連ニュース
asahi shimbun logo
(朝日新聞社提供)