NEWS

「日本一ウインカーを出さない県」の安全策? 皮肉動画が話題に

2017年04月18日 00時57分 JST | 更新 2017年04月18日 16時45分 JST
  YouTube/Toyopet Okayama

「日本一ウィンカーを出さない県」との調査結果がある岡山県の自動車販売会社「岡山トヨペット」が皮肉を交えた啓発動画を制作、ネット上で話題になっている。

動画は、人々や家、ペット、車などが緩衝材「プチプチ」に包まれた架空の街が登場。怪我をしないのがいいのか、事故をしないのがいいのか---。「日本一ウインカーを出さない岡山県では、こんな安全対策が必要かもしれない」と皮肉めいたコメントが流れ、「岡山県では50分に1回、交通事故が起きている」と紹介される。最後は「ウインカーを出しましょう」と警鐘を鳴らしている。

ハフィントンポスト編集部が4月18日に同社に取材したところ、この動画が公開されたのは4月5日で、これまでに16万回以上、再生されている。また、岡山県内のテレビCMとしても流れているという。

きっかけとなったのは、日本自動車連盟(JAF)が2016年6月にインターネットで行った「交通マナーに関するアンケート調査」。岡山県は「ウィンカーを出さずに車線変更や右左折する車が多い」の項目で、「とても思う」が全国ワーストの53.2%だった。

この状況を受け、岡山トヨペットは16年夏から「交通事故ゼロ・プロジェクト」を初めており、今回が第3弾の動画となる。同社の担当者は「動画には共感したなど好感を持って受け止めたという声が多く寄せられています。少しでも多くの岡山県民のみなさんが交通安全に対する意識を高めてもらえるといいです」と話した。


▼画像集が開きます▼

イメージ: よくある不注意運転

【※】スライドショーが表示されない場合は、こちらへ。


関連記事 「岡山の奇跡」桜井日奈子19歳、2016年のゲレンデ美女に
雲海に包まれる「天空の天守」 備中松山城が幻想的な姿に