Huffpost Japan

3.8億円強奪の事情知る? 大金持った韓国籍の男ら、福岡空港で確保

投稿日: 更新:
DEFAULT
カメラに写った白いワゴン車(福岡市中央区、西日本新聞社提供) | 朝日新聞社
印刷

福岡で3億8千万円奪われる 事情知る?男らの身柄確保

 20日午後0時25分ごろ、福岡市中央区天神1丁目の路上で、男性が「3億8千万円を奪われた」と近くにいた警察官に伝えた。数人組が男性に催涙スプレーのようなものをかけて軽傷を負わせ、現金を奪ってワゴン車で逃げたといい、福岡県警は強盗致傷事件とみて中央署に捜査本部を置いた。

 捜査当局は20日夕、福岡空港国際線ターミナルで、韓国へ出国しようとしていた韓国籍の男数人の身柄を確保した。手荷物検査で多額の現金を持っていることが判明。4億円を超えていたといい、県警が男らから現金を持っていた理由などを聴いている。

 捜査本部によると、被害に遭ったのは東京都足立区の男性会社員(29)。みずほ銀行福岡支店(福岡市中央区天神1丁目)で3億8400万円を2回に分けて引き出し、持参した黒い大型スーツケースに入れた。

 その後、約100メートル南のコインパーキングへ戻り、レンタカーの後部座席に積もうとした際、背後から2人の男が近づきスプレーを噴射。スーツケースを奪ってパーキング内に止めた白いワゴン車に乗り、精算機のバーを折って逃走した。男性は騒ぎで駆けつけた警察官に被害を訴え出た。

 目撃情報などから、ワゴン車は右左折を繰り返した後、県道(渡辺通り)を南へ進んだとみられる。1人は灰色っぽい上下の作業着に、ニット帽かネックウォーマーのようなもので顔を隠していた。別の1人は黒色の作業着姿に、白いタオルを頭に巻いてマスクをしていたという。他に運転役などがいた可能性がある。

 被害男性は18日から福岡を訪れ、現金は取引先へ届けるためだった、と県警に説明。銀行には事前に多額の引き出しを伝えていた。捜査本部は男性の仕事の内容を明らかにしていない。

 現場は、福岡市最大の繁華街・天神の一角。商業施設やオフィスビルが立ち並び、すぐ近くには県警中央署や市役所がある。

(朝日新聞デジタル 2017年04月21日 00時25分)
関連ニュース
asahi shimbun logo
(朝日新聞社提供)