NEWS

IKEA、1ドルのバッグと2600ドルの「バレンシアガ」バッグとの見分け方を解説

2017年04月27日 19時24分 JST | 更新 2017年04月27日 19時24分 JST

2つのバッグを比べてみよう。IKEA/BALENCIAGA

IKEAの1ドル(約110円)のポリプロピレン製の青いバッグが嫌いな人なんているだろうか? このIKEAのバッグはどんな物でも壊すことなく運べるし、手入れも簡単。そして使わない時には小さく折りたたんで収納することもできる。

3月はじめ、フランスの高級ブランド「バレンシアガ」が、2610ドル(約30万円)で発売した新作「アリーナ・エクストラ・ラージ・ショッパー・トート・バッグ」を発表したところ、このIKEAのバッグにウリ二つだと話題になった。

するとIKEAは、オリジナルのIKEAのバッグとバレンシアガのトートバッグとの見分け方を、ユーモアたっぷりの広告を使って解説してくれた。

IKEAの広告にはこのように書いてある。

IKEAのオリジナルのバッグ

IKEAのオリジナルのフラクタバッグの見分け方

1) 振ってみる。振ってシャカシャカする方が本物のIKEAのバッグだ。

2) 多機能かどうか。IKEAのバッグは、ホッケーの道具からレンガ、水まで運ぶことができる。

3) 泥の中に落としてみる。本物のフラクタのバッグなら、庭のホースの水で洗うだけで汚れを落とせる。

4) 折ってみる。小さな財布くらいのサイズにまで折りたためただろうか? もしそうならおめでとう。それはIKEAのバッグだ。

5) 中を見てみる。オリジナルのバッグには本物のIKEAのタグが付いている。

6) 値札を見てみる。わずか0.99ドルなのがIKEAのバッグだ。

バレンシアガの高級バッグは、子羊革とダブルプリントの子牛革の取っ手でできており、リサイクルのプラスティックでできているIKEAのフラクタバッグとは対照的だ。

「バレンシアガのトートバッグが、IKEAの象徴的な、地球に優しい99セントのブルーバッグに似ているということで、非常に嬉しく思います。大きなブルーバッグの多機能性に勝るものはありません!」と、IKEA広報はコメントした。

ハフポスト・オーストラリア版より翻訳・加筆しました。