のん、ひとりで絵を描くことが好き。「ほかのことは何も考えず打ち込める」(画像集)

投稿日: 更新:
NON
のん | Kei Yoshikawa/HuffPost Japan
印刷

女優・のんが4月24日、自著『創作あーちすと NON』(太田出版)の刊行を記念してトークショーを都内で開いた。

のんは「絵を描くこと」と「洋服作り」が趣味だという。今回の本では、オリジナルドレスの制作やアクションペインティングといった“創作あーちすと”としての一面を披露した。

non
自身の作品を解説する、のん

トークショーでは、芝居などの大人数で一つの作品を表現する活動と異なり、「ひとり」で作品を作り上げる面白さについて語った。

「集中力が一点集中できることですね。紙やキャンバスに向かって、そこの空間の中だけに集中できるというのは、自分の中で集中が研ぎ澄まされていくというか、ほかのことは何も考えずに打ち込んでいけるという良さがあります」

また、ひとりで作品に取り掛かるときは「やりたい!と思った時にやるって感じですね。『やりたい!よっしゃ!』って思ったら、布を買いに行ったり、スケッチブックを引っ張り出したり」と、制作にあたる心情を明かした。

non
トークショー終了後に開かれたフォトセッションでは、取材陣の「バレリーナポーズをとってほしい」という要望に答えてポージング。

また、企画で対談したシンガーソングライター・矢野顕子が発した「やりたいことをやり続けてると周りが諦めてくれるのよね」という言葉を紹介。「『諦めさせるくらい突っ走るんだ』と思って。矢野さんの言葉だから、すごく説得力があった。発見という感じでした。『諦めさせていいんだ』って」と、これからも「猪突猛進」に突き進む、固い決意を語った。

non
バレリーナのポーズをとった後、飛んだ瞬間


■関連画像集「のんトークショー」

Close
「のん」スライドショー
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド


【※】スライドショーが表示されない場合は、こちらへ。


のん、我が道いく決意語る 「諦めさせるくらい突っ走るんだ」



hitori

ハフポスト日本版では、自立した個人の生きかたを特集する企画『#だからひとりが好き』を始めました。

学校や職場などでみんなと一緒でなければいけないという同調圧力に悩んだり、過度にみんなとつながろうとして疲弊したり...。繋がることが奨励され、ひとりで過ごす人は「ぼっち」「非リア」などという言葉とともに、否定的なイメージで語られる風潮もあります。

企画ではみんなと過ごすことと同様に、ひとりで過ごす大切さ(と楽しさ)を伝えていきます。

読者との双方向コミュニケーションを通して「ひとりを肯定する社会」について、みなさんと一緒に考えていきたいと思います。

『だからひとりが好き』Facebookページも開設しました。最新記事や動画をお知らせします。

ハッシュタグ #だからひとりが好き も用意しました。みなさんの体験や思いを聞かせてください。

シェアしたい思いや発信したい声がありましたら、hitori@huffingtonpost.jpにお寄せください。