NEWS

新谷かおるが休筆宣言 漫画家生活45年『エリア88』など代表作 「感動をありがとう」の声

2017年04月27日 14時50分 JST | 更新 2017年04月27日 14時58分 JST

『エリア88』などの作品で知られる漫画家の新谷(しんたに)かおるさんが4月26日、Twitterで休筆宣言した。新谷さんは1972年にデビュー。漫画家生活は約45年に及び、ファンからは「長い間お疲れ様でした」「感動をありがとうございました」など、長年の活動をねぎらう声が相次いでいる。

area88

新谷さんの代表作「エリア88」第1巻(KADOKAWA / メディアファクトリー )

新谷さんは26日、月刊コミックフラッパーで連載中の「クリスティ・ロンドン マッシブ」最終回の原稿とともに、「これで漫画家として、一旦筆を置きます」と公式Twitterに投稿した。この日66歳の誕生日を迎えたことを明かした上で、「一休みしてから新しい事に向かいます。長い間、ありがとうございました」と綴っている。


■新谷かおるさんとは?

ニコンイメージングのインタビュー記事によると、新谷さんは1951年、大阪府豊中市生まれ。高校卒業後、1972年、りぼん秋の増刊号に掲載された『吸血鬼はおいや?!』で漫画家デビュー。山岸涼子、松本零士らのアシスタントを経て、1977年に独立した。

架空の国家の傭兵パイロットを描いた『エリア88』、バイクレースのライバル関係を描いた『ふたり鷹』はアニメ化もされた。メカニックの緻密な描写に定評がある一方で、『クレオパトラD.C.』『砂の薔薇』など女性を主人公にした作品も多い。


■休筆へのファンからの反応

新谷さんの休筆宣言に対して、ファンからは長年の活動への感謝の思いを綴るツイートが次々と寄せられている。


■関連スライドショー(小学館ビルの「落書き」)

小学館ビルの「落書き」写真集


(※開かない場合は、こちらへ)

「お節介モデル」を世界に広げるリクルート。海外でも徹底する「任せる」経営とは?[SPONSORED]