NEWS

高橋真麻「ちょっとつわりで」との冗談にスタジオ凍る 生放送中に離席

2017年05月01日 19時05分 JST | 更新 2017年05月01日 19時08分 JST
時事通信社

フリーアナウンサーの高橋真麻(35)が5月1日、日本テレビ系「スッキリ!!」生放送中に途中退席。戻って来るなり「ちょっとつわりが」と話したため、出演者らが一瞬にして静まり返る場面があった。

放送開始から1時間半過ぎ、番組では「忘れられない人生最大のハプニング」をテーマに街の声などを紹介していたが、VTRが終了した後、スタジオで岩本乃蒼アナウンサーが「スタジオにもちょっとハプニングと言いますか...」と切り出した。

司会の加藤浩次が「真麻さんが、番組からいなくなりました。お手洗いの方へ」と淡々と報告。その後、出演者が心配するなかスタジオに戻ってきて着席した高橋は笑いながら「すみません、ちょっとつわりが…」とボケたため、出演者たちが絶句した。加藤が「え、いやいや(笑)。みんなびっくりする冗談やめてくださいよ。とんでもないカミングアウトしたと思いましたよ」と慌てた。これを受けて高橋は「冗談です。ちょっと体調が。失礼しました」と謝った。

高橋は番組の後、自身のブログを更新。途中退席について「ちょっと気持ち悪くなってしまいまして。放送後、念のため病院に行きましたがインフルエンザでもなく、お薬を貰って元気になりました」などと次のように綴った。

スッキリでは

席に戻った時に どうしたんですか?と聞かれ

"つわりで〜(๑ ˊ͈ ᐞ ˋ͈ )ƅ̋"

と冗談で言ったら

リアルっぽかったのか

一瞬皆さんの時が止まってしまって

重ねて申し訳なかったです
 
今朝のスッキリ|高橋真麻 オフィシャルブログ「マーサ!マーサ!タカハシマーサ!」Powered by Amebaより 2017/05/01 13:30)


▼画像集が開きます▼

活躍する女子アナウンサー

【※】スライドショーが表示されない場合は、こちらへ。


関連記事 桑子真帆アナ、「ブラタモリ」卒業しNHKの報道の顔に どんな番組?
「違い」こそが、イノベーションを生み出す。私たちがダイバーシティを目指す理由[SPONSORED]