マクロン氏が39歳でフランス史上最年少の大統領に。一方、イギリスの史上最年少首相は〇歳だった

投稿日: 更新:
YOUNG
HuffPost Japan
印刷

フランス大統領選で勝利が確実となったエマニュエル・マクロン氏は現在39歳。フランス史上最年少の大統領となる。

これまで最年少のフランス大統領は、「40歳」で大統領に就任したルイ・ナポレオン(任1848〜52)だった。
(※ルイ・ナポレオンは、ナポレオン・ボナパルトの甥。皇帝ナポレオン3世[位1852〜70])。

では、他国の最年少の首相や大統領はどんな人物なのだろうか。イギリス、アメリカ、ドイツ、日本の例を紹介しよう。

■イギリス史上最年少の首相は?

ウィリアム・ピット(小ピット)(任1783〜1801、1804〜1806)
william pitt

ジョージ3世治世下の1783年、弱冠24歳でイギリス(当時はグレートブリテン王国)の首相に就任。翌年の総選挙に勝利し、およそ20年にわたってイギリス政治を指導。アメリカ独立戦争(1775〜1783)で疲弊した国家財政の再建に尽力した。

外交では、フランス革命におけるルイ16世の処刑をきっかけにフランスと断交。革命の波及を警戒する諸外国とともに「対仏大同盟(第1回〜第3回)」を結成。一貫してフランスに対抗し、ナポレオンとも対峙した。

■アメリカ史上最年少の大統領は?

セオドア・ルーズベルト(任1901〜09)
theodore roosevelt

マッキンリー大統領の暗殺を受けて、42歳10カ月で副大統領から昇格した。国内では「革新主義」を掲げ、「シャーマン反トラスト法」を発動。独占資本を規制するなどの改革を実施した。

対外的には、「棍棒外交」と呼ばれるカリブ海政策をとり、パナマ運河着工など帝国主義政策を進めた。また、日露戦争(1904〜05)の講和条約「ポーツマス条約」を調停し、ノーベル平和賞を受賞した。

(※史上最年少の大統領当選者はジョン・F・ケネディ。43歳だった)

■ドイツ史上最年少の首相は?

ヨーゼフ・ヴィルト(任1921〜22)
vv

第一次世界大戦後、ヴァイマル共和国時代の首相。1921年に41歳で首相に就任。「履行政策」のため、連合国がドイツに課した巨額の賠償金を受け入れたが、右派から非難を受けた。対外的には、国際的に孤立していたソ連に接近しラパロ条約を締結した。

(※「ドイツ連邦共和国」の成立以降では、51歳で就任したアンゲラ・メルケル首相が最年少)

■では、日本の史上最年少の首相は?

伊藤博文(任1885〜88、92〜96、98、1900〜01)
hirobumi ito

明治時代の政治家。山口県出身。1885年、内閣制度の創設に伴い、44歳で日本の初代首相に就任。明治憲法制定の中心として活躍。立憲政治への道を開いた。晩年は元老として影響力を保ち、日露戦争後には初代の韓国統監に就任。1909年、ハルビン駅頭で暗殺された。

※参考文献:山川出版社『世界史小辞典』、山川出版社『世界史B用語集』、山川出版社『日本史小辞典』、山川出版社『日本史B用語集』

▼画像集が開きます▼

Close
写真で振り返る第二次世界大戦
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド


【※】スライドショーが表示されない場合は→こちら