NEWS

リベリアで原因不明の病気、13人が死亡 葬儀に出されたお茶が原因か

2017年05月08日 15時33分 JST | 更新 2017年05月08日 20時39分 JST

リベリアで4月23日以降、原因不明の病気により13人が死亡し、30人が体調不良を訴えた。世界保健機関(WHO)が明らかにした。

WHOリベリア支部代表のアレックス・ガサシラ博士が5月6日、ハフポストUS版に語ったところによると、シノエ郡やグランドバッサ郡、首都モンロビアで起きた疾患や死者の原因の「決定的証拠」は見つかっていないが、あらゆる要素が何らかの「中毒事故」の兆候を示している。

WHOは5日、エボラ出血熱やラッサ熱について、すべてのテスト結果が陰性だったと発表した

死者のうち12人は、4月22日に営まれたシノエ郡の宗教指導者の葬儀もしくは通夜に出席していた。リベリアの副保健相で医務部長のフランシス・カテ博士がハフポストUS版に語ったところによると、残る1人は葬儀や通夜に出席した人々と同じ家で生活していた。カテ氏によると、体調不良だった30人のうち現在も入院しているのは1人だけで、回復傾向にあるという。

「中毒の兆候があらゆる部分に見られますが、感染症の可能性も完全に排除したわけではありません」と、ガサシラ氏は語った。「症状を見ると、これまでに分かっている毒物の典型的な症状とは完全に一致していません。引き続きすべての可能性を探っていきます」

ガサシラとカテ両氏の話では、当局は通夜や葬儀で飲まれたお茶に原因があると疑っている。このお茶を飲んだ人は体調不良になる確率が高く、いつもとは違う味がしたと語っている。しかしこの時点で保健当局は、通夜や葬儀の参加者の家から食品や飲料のサンプルを採取している最中だった。

リベリアでは、通夜や葬儀に捧げた飲食物を家に持ち帰るのは一般的なことであり、これが被害の拡大につながったのではないかと、ガサシラ氏は指摘した。

今回の体調不良に見られる共通の症状は、腹痛、嘔吐、衰弱、頭痛、精神錯乱だ。ガサシラ氏によると、呼吸困難に陥ったり、泡を吹いたりする患者もいたという。

嘔吐による脱水症状に対処するため、患者には酸素や水分が与えられた。また様々な抗生物質も投与された。カテ氏によると、回復した患者の何人かには足や手首に「溢血点」と呼ばれる異常な発疹が見られた。

採取された試料はアメリカの疾病管理予防センター(CDC)に送られ、この原因不明の病の原因を探ることになる。ガサシラ氏の話では、来週半ばには検査結果が明らかになるという。

保健当局は通夜や葬儀に出席した他の110人や体調不良になった患者と密接な関係にある206人についても観察を続け、今後10日間で二次症例が出ないかどうかを確認する。

今回の件を巡る迅速な対応や措置、連絡体制は、2013年のエボラ出血熱の危機のときとは格段の差がある、とガサシラ氏は語った。

「今回の件の調査や対応は、エボラのときよりも格段に進歩しました。訓練を重ね、多額の費用を投じて監視・連絡体制や現場での調査能力が強化されました。その成果がリベリアで出ています」

リベリアでは、2016年6月にエボラ出血熱の終息が宣言された。2013年以降、ギニアやシエラレオネ、リベリアではエボラ出血熱により1万1300人が死亡し、2万8600人が感染した。

WHOやCDCが今回のような原因不明の疾患に対処するためのインフラを整備してくれたことに感謝する、とカテ氏は強調した。エボラ熱やラッサ熱が疑われたときに、当局は12時間以内にその原因を排除できると彼は話す。

今回の件は、爆発的感染の可能性に対処するための「能力がこの国に備わっていることを示す良い事例になった」とカテ氏は語った。

ハフポストUS版より翻訳・加筆しました。

▼画像集が開きます

エボラ出血熱から回復したリベリアの人たち

(スライドショーが見られない方はこちらへ)


2015-04-13-1428914872-4591641-gengo.png



エボラ出血熱、西アフリカでの流行に至った「最初の感染源」とは(研究結果)