浦和レッズの森脇良太選手、対戦相手を「くさい」と侮辱 2試合の出場停止へ

投稿日: 更新:
MORIWAKI
浦和レッズのDF森脇良太選手 | 時事通信社
印刷

侮辱的発言で浦和・森脇を処分 ブラジル選手に「臭い」

 4日のJ1浦和―鹿島(埼玉)で、両チームの選手が反則を発端に小競り合いになった際に暴言があった疑いがあるとされた騒動で、Jリーグは9日、規律委員会が、侮辱的な発言をしたとして浦和のDF森脇良太(31)に2試合の出場停止処分を科すことを決めたと発表した。

 今回の騒動は、浦和―鹿島の後半30分過ぎにあった小競り合いでの言動が発端になった。試合後に鹿島のMF小笠原満男が、森脇がブラジル出身の鹿島MFレオシルバに向かって、「くさい」などと侮辱的な発言をしたと報道陣に説明。一方、森脇は、口論でつばがかかったので小笠原に対して「口が臭い」と文句を言ったとし、侮辱するような意図はなかったと話して、両者の主張が食い違っていた。

 鹿島は、試合全体を管理監督するマッチコミッショナーに報告。Jリーグの規律委が、7日に小笠原と森脇から聞き取り調査をしていた。

(朝日新聞デジタル 2017年05月09日 16時25分)
関連ニュース
asahi shimbun logo
(朝日新聞社提供)