FBIコミー長官の更迭、説明文書を作成した司法省副長官もトランプ氏から退任を強要された?

投稿日: 更新:
印刷

アメリカのドナルド・トランプ大統領が連邦捜査局(FBI)のジェームズ・コミーFBI長官を更迭した時、説明文書の作成を命じられたロッド・ローゼンスタイン司法省副長官が、トランプ政権によってこの更迭の黒幕に仕立て上げられ、辞任を強要されたとワシントン・ポストが報じた。

ワシントン・ポストは、ローゼンスタイン氏が説明文書を作成を政府高官に依頼されたのは、実際にはトランプ大統領がすでにコミー氏の更迭を決定した後であり、ローゼンスタイン氏は「コミー氏更迭の黒幕だと自分がでっち上げられたように」感じたという、ホワイトハウスに近い匿名の人物の談話を掲載した。

ローゼンスタイン氏は、民主党の大統領候補だったヒラリー・クリントン氏が州知事時代に私用のメールサーバーを使用した問題で、コミー氏が行った異例の捜査について3ページの文書を作成し、コミー氏の行動がFBIの名誉に「かなりの損害」をもたらしたと指摘した。長官の更迭には直接触れていないが、コミー氏によるこのメール問題捜査の手法は完全に「間違って」おり、当局はコミー氏の下で信頼を回復させるのは困難だと主張している。

「その結果、FBIが国民や議会の信頼を取り戻すためにはこの間違いの重大さを理解し、二度とこれを繰り返さないことを約束できる長官の下でなくてはならない」と、ローゼンスタイン氏は説明する。

トランプ大統領のコミー氏を更迭する書面には、ローゼンスタイン氏が作成した文書に具体的に触れ、コミー氏がFBIを「効果的に率いることが出来なかった」と書かれている。マイク・ペンス副大統領も、更迭はローゼンスタイン氏による決定だったとCNNに語った。

ワシントン・ポストによると、ローゼンスタイン氏が注目されているのを不可解に思う人々もおり、彼の同僚の多くは、コミー氏の排除を求める直接的な記載がないのは、自分自身が解雇されるのを防ぐために文書を作成せざるを得なかったローゼンスタイン氏が、書面で抵抗を示したのではないかと語った。 CNNはローゼンスタイン氏について「死刑執行人とは考えにくい人物」と評し、彼が自発的に行動したのか、あるいはホワイトハウスに命じられたのかを疑問視する人々がいると報じる。

しかし、ローゼンスタイン氏が巻き込まれたことへの批判は続く。11日付のニューヨーク・タイムズが発表した公開書簡によると、ローゼンスタイン氏が巻き込まれたのは、トランプ大統領による更迭の「単なる口実」で、実際には大統領選でのトランプ陣営とロシア政府との接触に関するFBIの捜査が原因となっているという。

公開書簡には、「トランプ大統領はローゼンスタイン氏に、明確なコミー氏の更迭命令を書かせるつもりだった。しかし書面中にそれがないということは、ローゼンスタイン氏が拒否したとしか思えない」と書かれている。

司法省のサラ・イスガー・フローレス報道官はハフポストUS版に、ローゼンスタイン氏への退任強要を否定し「起こり得ない」とコメントした。

ハフポストUS版より翻訳・加筆しました。

▼画像集が開きます

Close
トランプ政権の100日間
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

(スライドショーが見られない方はこちらへ)


2015-04-13-1428914872-4591641-gengo.png