安倍首相「2020年の改憲目指す」⇒石破茂氏「勢いでやったらダメ」

投稿日: 更新:
ISHIBA
石破茂氏 | Bloomberg via Getty Images
印刷

自民党の石破茂・前地方創生担当大臣は5月11日、2020年に憲法改正の施行を目指すと表明した安倍晋三首相に対して、「勢いで改憲していいはずがない」などと釘を刺した。

NHKなどが党の派閥の会合での発言として報じた。

安倍首相は5月3日、改憲派の会合に寄せたビデオメッセージの中で、「2020年を新しい憲法が施行される年にしたいと強く願っています」と発言。改正項目にあげている憲法9条について触れ、「『1項、2項を残しつつ、自衛隊を明文で書き込む』という考え方は、国民的な議論に値するのだろう」との考えを示した。

石破氏は11日の会合の中で、国防軍の創設などを盛り込んだ自民党の憲法改正草案について触れ、「自民党のスタンスは一体どうなのかということで、これをどう取り扱うのかが一番大事だ」と主張。「党の議論を粗略にして憲法改正ができるなどと全く思っていないし、勢いで憲法を改正していいはずがない」と、安倍首相の発言を批判した。

一方、岸田文雄外務大臣も派閥の会合で、「平和安全法制は憲法9条との関係でどこまで許されるかを議論して結論を出した。当時、その基準となる9条を今すぐ改正することは考えず、平和安全法制がどのような成果をもたらすのかをしっかり見極めようと発言したが、きょう現在までその考えは変わっていない」と述べた。

憲法改正について、2020年の施行や、9条に自衛隊に関する条文を加える方針を示している安倍首相の考えを「よく確認してみたい」と話した

憲法改正をめぐる安倍首相の発言は、9日の参院予算委員会で野党も追及。民進党の蓮舫代表から2020年施行を目指すとした理由について問われ、安倍首相は「東京オリンピック・パラリンピックも予定されている年であります。まさに新しい日本を始めようという機運がみなぎっている中において、一つの目標として掲げている」と述べていた。