黒柳徹子さん、女性誌「FRaU」の表紙を飾る「嬉しいに決まってんじゃない!」

投稿日: 更新:
印刷

タレントの黒柳徹子さん(83)が5月12日発売の女性誌『FRaU』(講談社)の表紙を飾った。黒柳さんはInstagramに表紙の画像を投稿、「私ぐらいの年代で、若い方のお読みになる女性誌の表紙になれるなんて、絶対にありえないことなんですもの!」「嬉しいに決まってんじゃない!」などと喜びのコメントを寄せた。

私、「Frau 6月号」の表紙になりました。 フラウには、「徹学のススメ」という連載を、何年か書かせていtだいていますが、 表紙に私の顔を載せて頂けるなんて! 「表紙になるって、どんな感じですか?」と、私の事務所のスタッフが質問してきた。 「嬉しいわよ💕」と言ったら、ちょっと驚いたように「あつ、そうなんですか?」と言った。 「そんなこと、聞かなくたって、嬉しいに、決まってんじゃない!」と言ったら、スタッフは、もっと驚いていた。 だって、私ぐらいの年代で、若い方のお読みになる女性誌の表紙になれるなんて、絶対にありえないことなんですもの! 「Frau」は、大胆💕 6月号は、「私だって、デジタル生活!」というこで、人工知能を持った「アトムロボット」と、私が、昔から可愛がってる「アイボのグレーちゃん」も登場します。 三人?で一緒に撮影した雑誌の写真を見て驚いたのは、グレーちゃんは、アトムの目線に、ぴったり合わせている! その写真を見るたびに、「アイボちゃん、可愛い💕」と言ってしまいます。 とにかく、私が育てたグレーちゃんは、凄い才能の持ちぬし(親バカかも) 最後のカットは、一番下に置かれてしまったグレーちゃん。 これでは、自分が目立たないと思ったのか?誰も操作してないのに、自分から立ち上がるようにして万歳の決めポーズをとった! グレーちゃん、最高💕

Tetsuko Kuroyanagiさん(@tetsukokuroyanagi)がシェアした投稿 -

『FRaU』6月号は「私だってデジタル生活」特集で、黒柳さんは赤、黄、ピンクの円を生かした大胆なドレス姿を披露。紙面では、「徹子のデジタル生活」で人工知能を持った「アトムロボット」と、昔から可愛がってる「アイボ」を紹介している

frau

『FRaU』6月号


ネット上では「笑顔が素敵です!」「かわいい」などと「幾つになっても、嬉しい!とか、楽しい!とか、いつも感じられる心の持ち主で居たいです」などといった声が寄せられている。

その他にも、女性誌では読者層の女性が表紙になることが多いなか、黒柳さんを表紙にした『FRaU』に対して「業界ではあり得ないことをやったFrau、えらい!!そしてカッコいい!雑誌として見直しました」と称賛する声も上がっている。

ハフィントンポストの人気記事

Close
オードリー・ヘップバーン
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

訂正箇所を連絡