菅官房長官「外交連携しながら暴発を食い止めたい」 北朝鮮ミサイル発射で

投稿日: 更新:
SUGA YOSHIHIDE
菅義偉官房長官 | 朝日新聞社
印刷

北朝鮮のミサイル発射「一定の技術の進展」 菅官房長官

■菅義偉官房長官

 (北朝鮮のミサイル発射について)今回の発射を通じ、弾道ミサイルについても一定の技術の進展は得ているんだろうと思う。我が国としては、日米、日米韓の連携をさらに進めていくと同時に、国連の舞台の中で、中国、ロシアをはじめ、北朝鮮に影響力のある国々に対し、外交的に連携をしながら暴発を食い止めていきたい。

 (北朝鮮との対話については)対話のための対話は控えるべきだ。物事が進展する状況を作り出すことが極めて大事だ。そういう意味で、米国が「全ての選択肢がテーブルの上にある」としていることを歓迎している。今後、弾道ミサイル対処能力の総合的な向上のため、様々な検討を行って参りたい。(記者会見で)

(朝日新聞デジタル 2017年05月15日 13時10分)
関連ニュース
asahi shimbun logo
(朝日新聞社提供)