プーチン大統領、ピアノの腕前は? 習近平氏を待つ間にポロンポロン(動画)

投稿日: 更新:
印刷

頼まれたわけではないと思われる。

ロシアのプーチン大統領は5月15日、北京でピアノの腕前を披露した。迎賓館で中国の習近平国家主席を待っている間に2曲ほど演奏したと、ニューヨーク・タイムズが報じた。

ニューヨーク・タイムズによると、プーチン氏は旧ソビエト連邦時代の1950年代に作曲された、ヴァシリー・ソロヴィヨフ=セドイ作曲「フリーネバ川の街」と、ティホン・フレンニコフ作曲「モスクワの窓々」の2曲を演奏した。

プーチン氏は前にも公共の場でピアノを弾いたことがある。プーチン氏のパフォーマンスはそれほど珍しいことでもない。プーチン氏は、男らしい勇ましさを見せる一方で、器用な教養人としての自己アピールに余念がない。他にも柔道アイスホッケーなどに参加し、時には上半身裸で乗馬もする。

プーチン氏は、習近平氏が呼びかけた「一帯一路」と呼ばれるアジア、中東、欧州に及ぶ経済圏づくりを目指す10億ドルの経済計画について話し合うため、北京を訪れていた。

Twitter上では、プーチン氏の演奏を楽しむ(?)投稿が相次いだ。

みんな知ってると思うけど、プーチンが一番好きなピアノ曲はスターウォーズのダースベーダーのテーマだよ。

すべての悪党がこれくらい洗練されるべきだ。だってロシアの独裁者ウラジーミル・プーチンがピアノを弾いてるんだよ。

プーチン大統領はアメリカ不信になるとピアノを弾き、皇帝ネロはローマの大火災のとき竪琴を弾き、トランプ大統領は職務がうまくいかないとゴルフに行くだろう。

ハフポストUS版より翻訳・加筆しました。

▼画像集が開きます

Close
プーチン大統領の活躍
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

(スライドショーが見られない方はこちらへ)


2015-04-13-1428914872-4591641-gengo.png