夫婦が同じ職場で勤められるように 宮崎県警の取り組み【駐在さん夫婦】

投稿日: 更新:
MIYAZAKIKENKEI_COUPLE
夫の図師耕磨巡査(右)と妻の真璃亜巡査=都城市の山之口駐在所 | 朝日新聞社
印刷

警官同士で結婚、辞令「二人で駐在」 県警、同じ職場に

 警察官同士で結婚した夫婦が同じ職場で勤められる仕組みづくりに宮崎県警が力を入れている。同じ署で働くだけでなく、少人数態勢の駐在所で夫婦二人きりで働くケースも。単身赴任のイメージが強い警察の印象を変えられるか。

 「地域のみなさんからは『図師嫁』『図師旦那』なんて呼ばれています」。夫の図師耕磨(たくま)巡査(22)と妻の真璃亜(まりあ)巡査(22)は昨年結婚したばかりの新婚夫婦。同じ制服を着て同じ都城署山之口駐在所で働く「駐在さん夫婦」だ。

 専門学校時代に知り合った二人は、2014年に警察学校に同期入校。運動好きの趣味が合い、翌年から交際を始めた。結婚することを上司に相談したところ、言い渡された辞令は二人での駐在所勤務だった。昨年8月から山之口駐在所での勤務がスタートした。

 それまでは職場には常に上司がいたが、良くも悪くも職場にいるのはパートナーのみ。「経験の浅い二人で駐在所を持つのはとても不安でした」と口をそろえるが、夫婦らしく気兼ねなく相談し合いながら、事故対応や地域見回りをして、治安を守り続けている。

(朝日新聞デジタル 2017年05月15日 16時50分)
関連ニュース
asahi shimbun logo
(朝日新聞社提供)

訂正箇所を連絡